お金をかけずに自宅で練習出来るボイトレのやり方、7つの方法

Pocket

自宅でボイストレーニングの練習がしたいと思っている人は多いと思います。

自宅でボイトレをすることで、お金をかけずに歌が上達出来ます。

そこで今回は、自宅で出来るボイストレーニングについてまとめてみました。

この記事では、自宅で出来るボイストレーニングのやり方について、書いていこうと思います!

「期間限定」独学で歌が上手くなる方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

ボイトレの効果とは

ボイトレの効果は、

・音程が正確になる

・低音、高音がしっかり出せる

・声量を安定させる

・喉の使い方を理解出来る

・声の使い分けを理解出来る

などがあります。

ボイストレーニングとは、発声の土台を作ることです。土台がしっかりしていれば音域が広がり、歌える曲も多くなります。

また、様々な声が出せるようになるため、歌のジャンルを広げられます。

「期間限定」お金をかけずに歌が早く上達する方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

自宅でボイトレするときに気をつけること

自宅でボイトレするときに気をつけることは3つあります。

・毎日少しずつ練習をする

・基礎からしっかり練習する

・自己流で練習しない

それぞれ解説します。

毎日少しずつ練習をする

自宅でボイトレをするときに気をつけることは、毎日少しずつ練習をしましょう。

なぜなら、長時間練習してしまうと、声帯が疲れたり怪我をしてしまったりするからです。

声帯はとてもデリケートで傷つきやすいです。その状態のまま練習を続けると、本来の発声に関係がない筋肉を使ってしまいます。

結果、正常な筋肉の動きが身につかず、変なクセがついてしまったり、力任せに声を出したりすることに繋がります。

したがって、自宅でボイトレをするときは毎日少しずつ練習してください。

基礎からしっかり練習する

基礎からしっかり練習をすることも必要です。

なぜなら、基礎がしっかりしていないと、歌の上達が遅くなるからです。

ボイトレは発声の土台作りだと上記で説明しました。この土台が基礎の部分になります。

土台が小さく弱いものであれば、その上に物を置いていくといずれ崩れていきますよね?

上に置く物とは、歌で言うと「発声」「テクニック」「音程」「リズム」などになります。

土台が崩れれば基礎からやり直しになり、結果、歌の上達が遅くなってしまいます。

対して、基礎をしっかり練習し、土台が大きく強いものであれば、どんなに物を置いても崩れません。基礎がしっかりしている人は歌の上達が早いのです。

したがって、自宅でボイトレをするときは基礎からしっかり練習してください。

自己流で練習しない

自己流で練習をしないことも気をつけた方がいいです。

理由は、間違ったやり方を続けることで、変なクセがついてしまうからです。

一度クセがついてしまうと、取り除くのにかなりの時間がかかってしまいます。

また、喉の怪我にも繋がるので注意してください。

「期間限定」自宅で出来る歌が早く上達する方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

自宅でボイトレする前の基本

自宅でボイトレする前に基本を解説します。基本は全部で5つあります。

・地声と裏声の違いを知る

・正しい姿勢で発声する

・共鳴腔(きょうめいくう)があることを知る

・喉を開いて発声する

・腹式発声をする

それぞれ説明します。

地声と裏声の違いを知る

自宅でボイトレする前の基本は、地声と裏声の違いを知ることです。

地声と裏声は声帯が関係してきます。声帯とは、喉の奥の左右についている2枚のひだのことです。

声帯の間を空気が通り抜けるときに、2枚のひだが振動して「声」になります。

地声を出すときは、声帯が閉じる筋肉が中心となって働くことで、声帯自体も分厚く短くなります。

強く太い声になり、声の高さは裏声よりも低くなります。

裏声を出すときは、声帯が引き伸ばす筋肉中心となって働くことで、閉じる力は弱まり、声帯自体も薄く長くなります。

弱く細い声になりますが、地声よりも楽に高音を出すことが出来ます。

声を出すときは、声帯が閉じている筋肉と引き伸ばす筋肉が連動して働いているため、どちらか一方の筋肉だけが働くということではありません。

声帯が閉じる筋肉が優勢に働くと地声、引き伸ばす筋肉が優勢に働くと裏声になると言うことです。

これらが、地声と裏声の違いになります。

正しい姿勢で発声する

自宅でボイトレをする基本は、正しい姿勢で行うことです。正しい姿勢とは、身体が腰から頭まで一直線上にあることです。

喉や首、空気が通る気管、空気を取り込む肺など、声を出すためには多くの身体の部位が関わっています。歌の姿勢は水を通すホースによく例えられます。

このホースがねじ曲がって途中で潰れていたら、水が通りにくくなってしまいます。水を通りやすくするためには、ホースがまっすぐになっている必要があります。

人の身体も同じで悪い姿勢では息が不安定になり、歌にも影響します。悪い姿勢とは、身体や肩に力を入れる、首が前に出る、猫背などが挙げられます。

これにより正しい姿勢とは、腰から頭までが一直線になっているということになります。

共鳴腔(きょうめいくう)があることを知る

身体には共鳴腔というものがあります。共鳴腔とは、声が良く響く空間の事です。例えば、お風呂で歌を歌うと響いて聴こえますよね?

このお風呂のような空間が身体にあるイメージです。

共鳴腔には、

・胸を軸にする咽頭共鳴(いんとうきょうめい)

・喉の奥を響かせる口腔共鳴(こうくうきょうめい)

・鼻の空間を響かせる鼻腔共鳴(びくうきょうめい)

があります。

主に「低音域は胸」、「中音域は口」、「高音域は鼻」が良く響きます。胸と口で声を響かせても、高音域を響かせるのは難しいです。

それに比べて鼻腔は、どの音域も響かせることが出来ます。よって、鼻腔共鳴を使うのが効果的になります。

これにより、共鳴腔を知ることで、喉を使わずに声を響かせることが分かるようになります。

喉を開いて発声する

練習前に確認しておきたいことは、喉を開くことです。喉を開くとは「口の奥」をしっかりと開けて歌うことです。喉を開くと言われると、口を大きく開ける人がいますが、それは違います。

口を大きく開けても喉仏や舌が邪魔になって、喉の奥のスペースを塞いでしまいます。なので、喉を開くとは口の奥をしっかり開けることになります。

喉の奥のスペースを確保するためには、舌の根っこの部分(舌根)を下げる必要があります。力で無理やり舌根を下げれば良いわけではなく、力を入れることなく自然に下げます。

舌根を力を入れず自然に下げるには、あくびをしたときが分かりやすいです。あくびをすると舌が下がり、喉の奥が一気に広がる感じがしますよね?

この感覚が、「喉が開いた」状態になります。これにより、喉を開いて練習が出来るようになります。

腹式発声をする

腹式発声をすることも重要な基本です。腹式発声とは、腹式呼吸を使った発声法です。お腹に空気を入れて膨らむ呼吸法が腹式呼吸です。

仰向けに寝たまま息を吸うと、勝手にお腹に空気が入る感覚が分かりやすいです。腹式発声が出来るようになると、声に強弱をつけたり、声を伸ばしたり締めたり、歌を歌うのが楽になります。

腹式呼吸のやり方は、息を吸ってお腹が張ったら息を吐いている時は、お腹が出来るだけへこまないように頑張って張り返すことです。それには横隔膜(おうかくまく)を使います。

横隔膜(おうかくまく)とは、呼吸をする際に使われる筋肉の一つです。胸腔(きょうくう)と腹腔(ふくくう)の間に横隔膜はあります。肺の真下にあると覚えておけばいいです。

横隔膜が使えている時は、お腹を手で押した時に固く張り返してきます。コツは、息を吸う量を苦しくなるまで吸うのではなく、7割から8割くらいを目安にすると維持しやすくなります。

腹式発声の練習方法は、

・息を吸ってお腹を膨らます(7割から8割の空気量)

・そのまま「あー」と長く声を出してみる(この時もお腹をへこませない)

・声を出しながら、すべての息を吐き切る(この時もお腹をへこませない)

コツは、身体をリラックスさせ、お腹をへこませない意識をすることです。無理に力を入れて意識するのではなく、歌を補助する感覚で練習するといいです。

これにより、腹式発声が出来るようになります。

「期間限定」独学で歌が上手くなる方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

自宅で出来るボイトレのやり方

自宅で出来るボイトレのやり方は7つあります。

・高音の感覚練習

・低音の感覚練習

・音程を正確にする

・リップロール

・タングトリル

・エッジボイス

・ロングトーン

それぞれ解説します。

高音の感覚練習

自宅で出来るボイトレ1つ目は、高音の感覚練習です。

高音の練習は、裏声を使います。裏声とは、高い音を出すときに裏返った声のことです。「ファルセット」とも呼ばれます。

感覚は、頭のてっぺんに向かって声を出すイメージです。声が裏声になると声帯が開いた状態になります。

ここから、声に芯を持たせるため、息を吐く量を少なくしていきます。息の量が少なくなっていくと、頭の中が強く響いて聴こえると思います。これを「ヘッドボイス」と言います。

ヘッドボイスとは、息漏れが少なくなることで声帯が閉まり、強くはっきりした裏声のことを言います。また、喉を開くことでより強いヘッドボイスになります。

喉の開き方は、あくびをしたときが分かりやすいです。あくびをすると、口の奥が開く感覚が分かると思います。

口の奥にスペースが出来るので、存分に声を響かせることが出来るようになります。ヘッドボイスを練習するには、「ハミング」で練習します。

ハミングとは、口を閉じて鼻を通じて歌うことです。高音を出すには、鼻腔を使うことです。鼻腔とは、鼻の穴の奥の空間です。

空気の通り道になるところを指します。この空気に声を響かせ、膨らみのある暖かい声を出すことを「鼻腔共鳴」といいます。

鼻腔を共鳴させると、歌声が響くようになります。声が響くようになると広がりのある声になります。

なので、歌を歌うときは喉を使うのではなく、鼻腔を使って歌うクセを付けることが大切です。間違えやすいのは鼻腔共鳴と鼻声です。

鼻声は、鼻に音は伝わってはいるものの、力が入っているため共鳴しません。そのため、音が広がらず鼻の中にこもってしまいます。なので、鼻声にならないように意識して下さい。

それでは、ハミングのやり方について、説明していきます。

1.まずは、口を閉じる

2.喉に力を入れず、鼻から息を吸う

3.鼻を通して、「んー」と声を出す

4.鼻や口の奥に振動を感じる

これにより、ハミングが出来るようになります。

コツは、ハミングをしているときに鼻の下辺りに手を当てて、鼻息の漏れを確認してみて下さい。この量が少ないほど共鳴したハミングになります。

口の奥や鼻に振動を感じれば、正しいハミングが出来ているということになります。また、リラックスした状態で鼻を通すようにハミングすることも効果的です。

ハミングの感覚が分かるようになったら、「あ、い、う、え、お」の言葉で練習して下さい。これにより、歌を歌うときは鼻腔共鳴を使って歌えるようになります。

低音の感覚練習

自宅で出来るボイトレ2つ目は、低音の感覚練習です。

低音の練習は、チェストボイスをします。チェストボイスとは、胸を土台にし、咽頭腔(いんとうくう)を響かせて声を出すことを言います。

咽頭腔とは、口の奥にある喉の空間です。この咽頭腔を響かせることを、咽頭共鳴(いんとうきょうめい)と言います。

咽頭共鳴とは、咽頭腔で空間を作り、倍音(ばいおん)を生み出すことをいいます。倍音とは、音には周波数があり、1つの音(基音)でも何種類かの音(倍音)が鳴っている状態のことです。

基本的に倍音が多く含まれる声は「良い声」になります。例えば、体育館やお風呂なので声を出します。すると、声が綺麗に響き、声量が大きくなって気持ちいいと感じませんか?

これは、声が響く空間になっているからです。空間は、広さや高さがあるとできます。

このように、咽頭腔に空間を作ることで声が共鳴し、響かせることを咽頭共鳴と言います。

男性歌手では福山雅治さん、女性歌手では平原綾香さんなどがチェストボイスを主に使っています。

それでは、チェストボイスの出し方を説明していきます。まずは、咽頭共鳴のやり方です。

1.舌を下げて、口の中に空間を作る

2.低い声で「ほー」と声を出す

3.喉仏の周辺が響いていれば成功

これにより、咽頭共鳴が出来るようになります。

コツは、喉仏周辺を意識し、下に声を出すイメージを持つことです。こうすることにより、咽頭腔が響きやすくなります。

咽頭共鳴の感覚が分かってきたら、チェストボイスを出してみます。これは、福山雅治さんの「虹」という曲のAメロをイメージしながら練習します。

1.咽頭共鳴を意識しながら「きいて    ほしい」と言葉で発声する

2.ものまねをするイメージで、下に声を出す

3.重く深い声になったら成功

女性は平原綾香さんの「Jupiter」で練習しましょう。感覚を掴めるのであれば、他の曲で練習しても大丈夫です。

これにより、チェストボイスが出来るようになります。

音程を正確にする

自宅で出来るボイトレ3つ目は、音程を正確にする練習です。

音程を正確にするには、主に2パターンあります。

1つ目は、喉で歌わないことが挙げられます。喉で声を出すときは、主に話すときに使います。話すためのものなので歌を歌うものではないのです。

そのため、音程を合わせようとしてもコントロールに限度があり、なかなか音程を合わすことが出来ません。無理に歌おうとすると、声が枯れてしまったり、喉を痛める原因になります。

それに対して先程、上記で説明した鼻腔は、響かせることに適しています。楽器を例えにすると、どの楽器も鳴らすと「良い響きだ」と感じると思います。

歌も同じで、響きを大切にするんです。楽器を鳴らしてもあまり響かないものは良い音だと思えないですよね?

声も楽器と同じなので響かせることが大切なんです。鼻腔を共鳴させると自分の頭が響いて聴こえるのが分かると思います。

響きなので、音程をコントロールしやすくなります。なので、音程を合わせるときは喉で歌うのではなく、鼻腔を共鳴させて音を合わせる練習をして下さい。

音を合わせるのは、ボイスチューナーやピアノ、ピアノアプリなどがおすすめです。

これにより、音程を合わせることが出来ます。

2つ目は、歌う曲の音程をしっかり覚えることが挙げられます。いくら音を合わせる練習をしても、歌う曲の音程を知らなければ合わせるのは難しいです。

逆に、歌う曲をきちんと知っていれば、音程を合わせることが出来るということです。歌を知るには、歌う曲をしっかり聴く事です。

1曲を全部流すのではなく、曲をいくつかのパートに分けて聴く事が大切です。「1曲を全部流した方が効率がいいんじゃない?」と感じる方もいるかも知れません。僕がそうでした。

ですが、1曲流すと約5分くらいかかります。10回聞くと50分、20回聞くと100分という計算になります。かなり時間がかかってしまいます。

また、曲が一気に流れてくるので覚えるのが大変です。これが、歌を「何となくこんな感じ」で覚えてしまう原因になります。なので、音程が合う訳ないんです。

対して、1曲を全部流すのではなく、曲をいくつかのパートに分けて聴くとどうなるでしょうか?

例えば、「Aメロ、Bメロ、サビ」に曲を分けます。Aメロだけだと約1分かかります。Aメロを10回聴いても10分で聴き終わります。また、Aメロを繰り返し聴く事が出来るので覚えやすくなります。

Aメロを覚えるまで繰り返し聴き、覚えたらBメロを繰り返し聴く、Bメロを覚えたらサビを繰り返し聴く、という感じです。こちらの方が、1曲を全部流すよりも圧倒的に覚えやすいです。

これにより、曲をしっかり聴く事ができ、歌の音程を覚えることが出来ます。

リップロール

自宅で出来るボイトレ4つ目は、リップロールです。

リップロールとは、唇を震わせながら発声するボイストレーニングのことです。

リップロールすることで声帯全体が暖まり、表情筋や首周りの筋肉をほぐすことが出来ます。

声帯全体が暖まっていないと喉を痛める原因になります。また、表情筋や首周りの筋肉が固いと声が上手く響かない、音程が合わない原因になります。

それでは、リップロールのやり方について、説明していきます。

1.リラックスした口を閉じる

2.唇を少し突き出す

3.鼻で息を吸う

4.息を5~10秒間均一に吐いて、唇をブルブルさせる

コツは、唇に力を入れず、両手で唇を引っ張るように口角を持ち上げると、リップロールしやすくなります。また、唇が湿っていた方がやりやすいので、リップクリームなど使うといいです。

これが出来たら、ハミングで低い声を出しながら唇をブルブルして下さい。感覚が掴めるようになったらドレミの音程を付ける練習をしていき、いずれは好きな曲の音程を取ってください。

個人差があるので、いい感じに暖まってきたら歌うようにしてください。

タングトリル

自宅で出来るボイトレ5つ目は、タングトリルです。

タングトリルとは、「タング(舌)をトリル(巻く)」という意味で、巻き舌のことを言います。

タングトリルすることで、舌の筋肉をリラックスさせることができ、筋肉が硬くなるのを防ぐ効果があります。

舌の筋肉が硬いと滑舌が悪くなったり、舌が上に上がったりしてしまうので、声がこもってしまいます。

それでは、タングトリルのやり方について説明していきます。

1.口を少し開ける

2.上の歯の根元に舌先を当てます

3.舌をリラックスさせる

4.「ドゥルルル」や「ダラララ」と発音する感じで息を吐いて、舌を震わせる

5.震わせながら声を出してみる

コツは、息の量を一定にすることです。息の量を一定にすることで、安定して舌を震わせる事が出来ます。

リップロールと交互に行うといいです。

エッジボイス

自宅で出来るボイトレ6つ目は、エッジボイスです。

エッジボイスとは、声帯を閉じて発声したときに出る、ガラガラとした怪物のような声です。

エッジボイスをすることで、声帯閉鎖の感覚を掴むことが出来ます。

声帯閉鎖とは、声帯が閉じている状態を言い、閉じ具合は主に5段階に分かれます。

・息が通らないほど声帯が閉まっている状態

・詰まった声が出る、声帯がかなり閉まっている状態

・最低限の力で声帯が閉まっている状態

・少し息が漏れている、声帯が少し開いている状態

・声が出ず、声帯が完全に開いている状態

この中の「最低限の力で声帯が閉まっている状態」が、声帯閉鎖の感覚を掴むのに適しています。

それでは、エッジボイスの出し方について説明していきます。

1.出しやすい声の高さで「あー」と声を出す

2.そのまま自分が出せる一番低い音まで声を下げる

3.一番低い音まで下げると最後は声にならなくなり、ガラガラとした音が出る

これにより、エッジボイスができ、声帯閉鎖の感覚を掴むことが出来ます。

ロングトーン

自宅で出来るボイトレ7つ目は、ロングトーンです。

ロングトーンとは、同じ高さの音や声をできるだけ長く出し続ける練習方法です。フレーズ終わり、サビの最後でよく使われるテクニックでもあります。

ロングトーンは、上記で書いた腹式発声やハミングで練習します。

ロングトーンのコツは、綺麗にブレず伸ばすことです。そのためには息を温存し、保つ歌い方をすることです。

例えば、マラソン選手が走っているとします。スタートからいきなり全力で走ることはありませんよね?

必ず力の配分を考えています。力の配分を考える事が出来れば、ラストスパートでの余力を温存できます。

ロングトーンも同じで、スタートからゴールまで息の配分を考える事で、歌に余力が出来ます。これにより、ロングトーンを綺麗にブレずに出すことが出来るようになります。

「期間限定」独学で歌が早く上達する方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

まとめ

いかがでしょうか?

まとめると

・ボイストレーニングとは、土台を作ること

・自宅で出来るボイストレーニングをする

応援してます!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

モンキーにべ

「期間限定」独学で歌が上手くなる方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

関連ページ

関連記事