地声から裏声へ切り替える方法、地声と裏声の違いについて

Pocket

地声から裏声へ切り替えられず悩んでいる方は多いですよね。

地声と裏声の違いがわからない方も多いと思います。

この記事では、地声から裏声へ切り替える方法、地声と裏声の違いについて書いていこうと思います!

「期間限定」地声と裏声の違いを知って歌が早く上達する方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

地声と裏声の違い

地声と裏声の違いについて説明していきます。

地声と裏声は声帯が関係してきます。声帯とは、喉の奥の左右についている2枚のひだのことです。

声帯の間を空気が通り抜ける時に、2枚のひだが振動して「声」になります。

地声を出す時は、声帯を閉じる筋肉が中心となって働くことで、声帯がしっかりと閉じ、分厚く短くなります。

対して裏声を出す時は、声帯を引き伸ばす筋肉が中心となって働くことで、声帯を閉じる力が弱まり、薄く長くなります。

声を出す時は、声帯を閉じる筋肉と声帯を引き伸ばす筋肉が連動して働いているため、どちらか一方の筋肉だけを使うということではありません。

声帯を閉じる筋肉が優勢に働くと地声、声帯を引き伸ばす筋肉が優勢に働くと裏声になるということです。

これらが地声と裏声の違いになります。

「期間限定」地声と裏声の違いを知って歌が早く上達する方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

地声と裏声が切り替えられない理由

地声と裏声が上手く切り替えられない理由は、声帯の動きが異なるからです。

先程、地声と裏声の違いで説明したように、声帯を閉じる筋肉が地声、声帯を引き伸ばす筋肉が裏声になります。

この声帯を閉じる動きと引き伸ばす動きを感覚でやらなければなりません。

また、地声と裏声の声量や発声時の姿勢なども関係してきます。

地声で高音を出す時にあごが上がってしまったり、地声は大きいが裏声は弱かったりという状態では、地声と裏声を切り替えることが難しくなってしまいます。

これらが、地声と裏声を切り替えられない理由です。

「期間限定」地声と裏声をマスターして歌が上手くなる方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

地声と裏声を出す前に発声を確認する

地声と裏声を切り替える練習の前に、まずは発声が出来ているかを確認しましょう。

しっかりとした地声や裏声を出すには、呼吸コントロールが必要となります。

なぜなら、呼吸で吸った息が声に変換されるからです。

地声と裏声を上手く切り替えられない方は、ここでつまづいているパターンが多いです。

したがって、きちんとした呼吸法を知る必要があります。これを「腹式呼吸」と言います。

腹式呼吸とは、お腹を膨らませる呼吸法のことです。

試しに、仰向けに横になって息を吸ってみてください。

すると、自然にお腹辺りに空気が入るのが分かると思います。これが腹式呼吸です。

実際は、お腹に空気が入っているのではなく、横隔膜という筋肉が息を吸うことで下に下がりお腹が膨らみます。

腹式呼吸を使うと瞬時に息を吸えるだけでなく、呼吸コントロールもしやすくなるため、歌では必須です。

腹式呼吸を取り入れることで、しっかりした発声が出来るようになります。

腹式呼吸のやり方は、お腹に空気を入れたら、そのままお腹がへこまないように内側から張り返します。

力で思いっきり張り返すのではなく、歌が歌える適度な力でへこまないようにします。

練習や慣れが必要ですが、感覚が掴めてくると意識しなくても身体が自然と腹式呼吸してくれるようになります。

コツは、息が吸えなくなるまで吸うのではなく、7〜8割くらいの息の量にすると維持しやすくなります。

これにより、腹式呼吸が出来るようになり、しっかりとした発声が出来ます。

→「期間限定」地声と裏声の切り替えを習得して歌が早く上達する方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

地声と裏声の練習方法

発声は出来ていても、地声と裏声が分からないという方も多いです。

ここからは、地声と裏声の練習方法を解説していきます。

地声の出し方

地声を出す簡単な方法は「息を止めて発声」することです。

なぜなら、吸った息を止めて声を出すことで、声帯が閉じる筋肉が働くようになるからです。

試しに、口から息を吸いながら急に息を止めてみてください。すると、喉周辺に力が入る感覚が分かると思います。これが声帯が閉じた状態です。

このとき、お腹辺りにも力が入る方は、呼吸をしたときに自然と腹式呼吸が出来ている証拠です。この感覚を歌うときはいつでも引き出せるようにしてください。

息は吐かずに自分が出せる低い音で、「あー」と声を出してみてください。太い声が出せたらそれがあなたの地声になります。

地声を鍛える練習は「ガ」という言葉を使って行います。なぜなら、「ガ」は声帯を一瞬閉じて発音する言葉だからです。

練習のやり方は、「ガッ、ガッ、ガッ」とピアノの音階(ドレミファソラシド)に合わせて発声します。このとき、「ッ」のところは音を切るようにしてください。

注意点として、発声するときは息を吐きすぎないようにしてください。声帯が閉じる力が弱まってしまうからです。

これにより、声帯を閉じる筋肉が鍛えられ、地声が出せるようになります。

裏声の出し方

裏声の出し方は、地声とは逆で「息を吐いて発声」します。

なぜなら、息を吐いて発声することで声帯の閉じる力が弱まり、引き伸ばす筋肉が働くようになるからです。

試しに、息を吸って止めている状態で、ため息をついてみてください。

すると、喉周辺の力が抜ける感覚が分かると思います。これが声帯の閉じる力が弱まった状態です。

息を吐いて発声した裏声を「ファルセット」と言います。

ファルセットが出せるようになると、高音でも喉への負担をかけずに楽に歌えるようになります。

裏声には他にも「ヘッドボイス」や「ミドルボイス」があります。

ヘッドボイスとは、声が頭の上を突き抜けるように響く裏声です。ファルセットと比べると息漏れが少ないので、声に芯が入った裏声になります。

ミドルボイスは、裏声に響きや鋭さを加えた発声で、地声のように聞こえます。裏声ミックスボイスとも呼ばれます。

ファルセットがきちんと出せないと、ヘッドボイスやミドルボイスは出せません。ファルセットは裏声の基礎とも言われています。

ここから裏声の基礎、ファルセットを鍛える練習を解説します。

練習には「ハ」という言葉を使います。なぜなら、「ハ」は声帯を一瞬開いて発音する言葉だからです。

やり方は、自分が出せる高い音を「ハー」と息を吐きながら発声します。優しく発声するイメージを持つと出しやすいです。

これが出来るようになったら今度は「ハッ」と息を吐きながら言葉を切って発声します。

また、曲を裏声だけで歌うこともかなりの練習になります。

これにより、声帯を引き伸ばす筋肉が鍛えられ、裏声が出せるようになります。

「期間限定」地声と裏声をマスターして歌が上手くなる方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

地声と裏声をスムーズに繋げる方法

地声と裏声をスムーズに繋げる方法は4つあります。

・自分の声を知る

・地声と裏声のバランスを整える

・声を出す方向を変えない

・地声と裏声を交互に出す

それぞれ説明します。

自分の声を知る

地声と裏声をスムーズに繋げるには、まずは自分の声を知ることが大切です。

自分の声を知り、分析することが必要となってきます。

「自分の声は地声寄りなのか裏声寄りなのか」、「発声の仕方が変わっていないか」など、歌声を知ることが地声と裏声を切り替えるための第一歩です。

自分の声を詳しく知るには、歌声を録音することです。録音はスマートフォンを使用します。

歌っているときはもちろん、練習時や話し声など常に録音することを心がけてください。

地声と裏声のバランスを整える

地声と裏声をスムーズに繋げるにはバランスを整えます。

地声が弱い場合は地声を強くする、地声が強すぎる場合は声量を抑える、裏声が弱い場合は息漏れを減らすなどのバランスを調整していきます。

このとき、歌う姿勢や口の形、表情、息を吐く量を一定にするなども注意していきます。

声を出す際は全てを統一する意識をし、発声が極端に変わらないようにします。

これにより、地声と裏声のバランスを整えることが出来ます。

声を出す方向を変えない

声を出す方向を変えないことも、地声と裏声を上手く切り替える方法です。

頭の上から声が出ている感覚や鼻に声を当てて発声している感覚など、様々な感覚があると思います。

この声の方向を地声と裏声で同じ方向に出すことを意識してみてください。

声の方向が変わってしまうと、地声と裏声を切り替える感覚が難しくなります。

まずは、声の方向を変えず、切り替える感覚を覚えるようにすると良いです。

切り替え方が分かるようになれば、声の方向を変えても大丈夫です。

地声と裏声を交互に出す

地声と裏声を交互に出すことも、地声と裏声をスムーズに繋げる方法になります。

地声と裏声を交互に出すことで、地声と裏声の声帯の開き具合の違いを確かめられます。

これを繰り返すことで、声帯を器用に開いたり閉じたりできるようになるので、曲の中で綺麗に地声と裏声を繋げる感覚が分かるようになります。

練習では、地声で出せる低い音と1オクターブ上の音を裏声で使い分けながら発声します。

低い音から1オクターブ上の音を発声するときは音を切らずに、繋げて発声してください。慣れてきたら半音ずつ上げていきます。

これにより、地声と裏声をスムーズに繋げることが出来ます。

「期間限定」地声と裏声をマスターして歌が早く上達する方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

まとめ

いかがでしょうか?

まとめると

・地声と裏声を理解する

・地声と裏声をスムーズに繋げてみる

最後まで読んでいただきありがとうございました!

モンキーにべ

「期間限定」地声と裏声をマスターして歌が上手くなる方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

関連ページ

関連記事