どの場所で歌を練習するといい?歌の練習に最適な場所について

Pocket

歌の練習をするとき、どの場所で練習すればいいか悩んでいる方は多いと思います。

お金をなるべくかけずに、周りに迷惑をかけることなく練習出来たらいいですよね。

この記事では、実体験を元に、歌の練習場所について書いていこうと思います!

「期間限定」歌やカラオケが上手くなる方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

車の中で練習

車を所有している方は、車の中で歌うと練習しやすいです。なぜなら、車の中は密室空間だからです。

これなら、外に聞こえることはほとんどありません。運転をしながら歌えば、移動時間も練習が出来ます。

または、車を停めて歌うことも出来ます。周囲が気になる方は、河川敷など人通りが少ないところに車を停めて歌うと練習しやすくなります。

特に運転しながら歌うと、移動も練習も両方できて一石二鳥です。僕も車で移動することが多いので、車の中で歌う練習をしています。

「期間限定」歌やカラオケが上手くなる方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

外で練習

車を所有していない方は、外で練習することもおすすめです。外とは公園や河川敷、高架下などで練習することを指します。

徒歩や自転車などで行ける範囲で、曜日や時間を考え、人が少ない時間帯を狙うと良いです。僕は高架下で歌う練習をしていました。

時折、ダンスの練習や楽器の練習をしている方がいるので、迷惑にならないように練習することも必要です。

外の場合は、お金が全くかからないのでいくらでも練習できます。ただ、雨が降ると使えなくなりますし、場合によっては不審者として警察へ通報されることもあります。

夜間の練習は、近所迷惑にもなる場合もあるので注意してください。

「期間限定」歌やカラオケが上手くなる方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

カラオケで練習

カラオケは歌を歌いに行く場所ですし、一人で熱唱している人がいてもおかしいと思われることはありません。

周りを何も気にすることなく、思う存分歌うことが出来るということです。

また、友人と行くことも可能なので、自分の歌を聞いてもらい、評価してもらうのもいいと思います。

練習だけでなく、ドリンクバーが付いているカラオケ店が増えてきているので、喉を潤しながら練習が出来るのも良い所です。

ただ、カラオケはお金がかかってしまいます。それほど高額ではありませんが、頻繫に通えばそれなりの出費になります。

「期間限定」歌やカラオケが上手くなる方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

音楽スタジオで練習

音楽スタジオとは、歌の練習や楽器の練習ができる場所です。防音された部屋なので、大きな音で練習することが出来ます。

なので、誰の目も気にすることなく思う存分歌の練習をする事ができます。

また、マイクやアンプ(音を出すスピーカー)を使え、ギターを貸し出している場所もあります。

音楽スタジオもカラオケと同様、お金がかかってしまいます。

音楽スタジオの料金は場所にもよりますが、一部屋1時間、500円から2000円で借りることが出来ます。

「期間限定」歌やカラオケが上手くなる方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

公民館で練習

僕がおすすめするのは、市や区が運営している公民館や音楽室です。練習室が格安で借りれます。

音楽室スタジオほど設備はありませんが、防音室なので大きな声で歌うことが出来ます。

機材も持ち込めるので、持ち運べば簡易的な音楽スタジオにする事が出来ます。

ただし、利用条件としてその市や区の在住者であることが必要な場合がほとんどです。

興味がある方は「○○区 音楽室」と検索するとホームページが出てきます。ぜひ、ご活用ください。

「期間限定」歌やカラオケが早く上達する方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

自宅で練習

自宅で練習する方法は4つあります。

・角部屋で練習

・押し入れで練習

・浴室で練習

・防音室を作る

の4つです。

それぞれ解説します。

角部屋で練習

自宅で練習する場合は角部屋を意識するといいです。

隣りの家や部屋から遠い場所で、声を出す方向も気を付けて練習します。

このとき、音や声の大きさには注意することが大切です。

こうすることで、うるさいなどと苦情を言われることをふせぐ防ぐことが出来ます。

他にも窓や扉をしっかりと閉めたり、壁に本棚などの家具を配置するなども防音の効果があるので試してみて下さい。

押し入れで練習

押し入れの中で歌を練習する方法もあります。

押し入れの中は周りに壁が出来るので、完全ではないですが防音効果があります。

中は暗く狭いですが、簡易ライトを使うと明るくなり便利です。

さらに防音の精度を上げるなら、防音シートを壁に貼ると、歌の練習スペースを作ることが出来ます。

暗いところや狭いところが平気であれば、おすすめの練習場所になります。

浴室で練習

浴室で練習する方法もあります。浴室は防音されている為、隙間が少ない設計になっています。

特にシャワーを使っている時は水が壁にあたる音に紛れ、歌っても聞こえにくいです。

ただ、浴室は音が跳ね返って響きやすいので、大きな声で練習するのは近所迷惑になる場合もあります。

なので、小さな声で練習する場合に適しています。

防音室を作る

どうしても歌の練習場所が決まらないという方は、自宅に防音室を作ることも出来ます。

業者に頼めば良い防音室が出来ますが、かなりのお金がかかってしまいます。

自作なのであれば、簡易的なものなら比較的安く制作する事が出来ます。

必要なものは

・防音カーテン

・遮音シート

・遮音タイル

・防音グッズ

などです。

必要なものに応じて検索してみてください。

これにより、自分で防音室を作る事が出来ます。

「期間限定」歌やカラオケが早く上達する方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

歌の練習場所:まとめ

いかがでしょうか?

歌の練習場所が決まると練習時間が増えるので、練習場所を確保できる人とそうでない人では、どんどん差が開いていきます。

したがって、歌を上達させたいなら、必ず練習場所を探す必要があります。

上記の練習場所を参考に、自分に合ったものが見つけられるといいですね!

ぜひ、ご活用ください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

モンキーにべ

「期間限定」歌の練習場所を知って歌やカラオケが上手くなる方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

関連ページ

関連記事