歌に感情を込める方法、感情の入れ方、込め方、込められない

Pocket

歌に感情を込める方法や感情の入れ方について、知りたい人は多いと思います。

歌に感情が込められないと悩み、感情の込め方を知りたい方もいると思います。

そこで、今回は歌に感情を込める方法、感情の入れ方について書いていこうと思います!

 

歌と感情の関係性について

歌に感情を込める方法、入れ方を紹介する前に、歌と感情の関係性について話します。あなたは他の人の歌を聴いて、感動したことはありますか?

感動とは鳥肌が立ち、身体がゾクゾク震えるような感覚です。これは、歌に感情込められており、それを聴くことで感動するということになります。

正しい音程や正確なリズム、歌詞を声に出して読んでいるだけでは、感情を込めた歌になりません。このような歌い方が評価されるのであれば、ロボットが歌っているのと変わらなくなってしまいます。

歌は大昔、言葉をより効果的に伝える手段として、歌が生まれたとされています。つまり、歌は感情が伝わらなければ本来の意味をなさなくなってしまうということです。だからこそ歌において、感情というものは一番大切な部分になります。

感情の入れ方、込め方

感情の入れ方や込め方は4つあります。

・歌詞の内容を理解する

・歌詞が理解出来たら感情を込める

・息継ぎする場所を決めておく

・見た目を意識する

の4つです。

それぞれ解説します。

歌詞の内容を理解する

感情を入れたり込めたりするには、歌詞の内容を理解することです。なぜなら、どんな感情を表現すればいいのかを理解しなければならないからです。

「歌の感情表現」と言っても、感情には色々なものがありますよね。「好き」「嫌い」「嬉しい」「寂しい」「悲しい」「感謝」など、様々な感情があります。

ここで大切なのは、曲を何度も繰り返し聴くことです。そして、歌詞を何度も繰り返し読むことです。すると、「この場面はこういう感情を表現したいんだな」というのが見えてきます。

このような情報があれば、より曲に込められた感情がイメージしやすくなります。これにより、歌に感情を込めることが出来るようになります。

歌詞が理解出来たら感情を込める

歌詞の内容を理解することが出来たら、感情を込めて歌います。先程、感情には様々な種類があるとお伝えしました。歌詞に込められている感情を考え、理解することで、歌に感情を宿すことが出来ます。

例えば、デンキウナギの話を聞いたことはありますか?電気を起こして相手をしびれさせる動物のことです。

デンキウナギは通常、触ってもしびれることはありません。ですが、興奮状態になると、自分の身体に電気を起こして相手をしびれさせます。自分自身が電気を起こしてしびれないと、相手をしびれさせることは出来ないんです。

これは歌も同じで、自分に感情が込もっていないと、相手を感動させることは出来ないということです。これにより、自分に感情を込めることで、相手にもそれを伝えることが出来ます。

息継ぎする場所を決めておく

息継ぎする場所を決めておくことも重要です。なぜなら、息継ぎする場所がきちんとしていないと、歌詞が上手く伝わらないからです。

歌詞が上手く伝わらないと、感情を込めて歌っていても聴いている側は意味がよくわからなくなってしまいます。

例えば、「あなたをあいしている」という歌詞があるとします。「あなたを(息継ぎ)あいしている」とすれば、正確に歌詞を伝えることが出来ます。

これを「あなたをあい(息継ぎ)している」としてしまうと、意味が上手く伝わらなくなってしまいます。声に出して読んでみるとわかるのですが、息継ぎの場所で途切れて聴こえます。

これでは、「愛している」に聞こえないのです。すると、歌に込められた「愛している」という感情表現が薄れてしまいます。

なので、あらかじめ息継ぎする場所を決めておくと、正確に歌詞を伝えることが出来ます。

見た目を意識する

歌声だけでなく、見た目を意識することも感情を伝えるのに有効です。なぜなら、「歌を聴いている人は耳だけでなく、目も使っている」からです。

楽しさを表現したいのであれば「笑顔」で歌い、悲しみを表現したいのであれば「泣きそうな顔」で歌うと、相手にもそれが伝わります。

また、顔だけでなく動きも重要です。楽しい曲を飛び跳ねながら歌って盛り上げることや、膝をついて悲しみを表現するなど、動きでも感情を表現することが出来ます。

さらに、顔の表情や動きを意識することで、あなたも歌う際に感情を込めやすくなります。笑顔で歌っていると本当に楽しい気分になり、泣きそうな顔で歌っていると本当に悲しい気持ちになってきます。

これにより、感情を表現すること出来るようになります。

まとめ

いかがでしょうか?

まとめると

・歌と感情について理解する

・感情の表現方法を理解する

応援しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

モンキーにべ

関連ページ

関連記事