ボイトレや歌の独学!メリット、デメリットについて

Pocket

ボイトレや歌の練習を独学でしたいと考えてる人は多いと思います。

僕はボイトレに通った経験と独学でやってきた経験があります。

今回はボイトレの独学、メリットやデメリットについて書いていこうと思います!

 

ボイトレは独学でも出来るのか

ボイトレは独学でも出来ます。

なぜなら、ボイトレの教本やYouTubeでの動画など、基本やノウハウの情報を得やすい環境があるからです。

これらを参考にしながら、内容を組み立て、独学で学ぶことも可能です。

独学でボイトレを学ぶメリットとは

独学でボイトレを学ぶメリットは、お金をなるべくかけずに練習出来ることです。

YouTubeの動画などは、無料で見ることが出来ます。ボイトレの教本は、実際にボイストレーニングを習うより安く済ませることが出来ます。

これにより、お金をなるべくかけず、独学でボイトレをすることが出来ます。また、自由に自分のペースで練習出来ることもメリットです。

独学でボイトレを学ぶデメリットは?

独学でボイトレを学ぶデメリットは、上達に時間がかかってしまうことです。なぜなら、ボイトレ教本やYouTubeの動画などは、あなただけに向けられた練習方法ではないからです。

ボイトレ教本やYouTubeの動画は、全体に向けられたものなので、あなたの欠点や悩みを解決するものではありません。学んだことを自分で試して、正しいかどうか答えを出すということになります。

結果、様々なことを試して答えを出すので、時間がかかってしまいます。これは、ボイトレに通うことで解決出来ます。

ボイトレに通えば、先生があなたの欠点や悩みを解決する方法を教えてくれるので、お金はかかるが、早く上達することが出来るということになります。

これにより、ボイトレを「独学」か「習うか」を有効に判断し、選べるようになります。

ボイトレを独学で学ぶ方法

ボイトレを独学で学ぶには、実際に声を出す場所が必要です。大きな声を出しても大丈夫な場所を用意するといいでしょう。

次に、ボイトレの教本やYouTubeの動画で基本を学びます。基本が理解出来たら、実際に歌う練習をします。

これは、自分が歌いたい曲がいいです。好きな曲を歌うとモチベーションが上がるからです。

大切なのは、好きな歌を自分流に歌いたいという気持ちです。

まとめ

いかがでしょうか?

まとめると

・ボイトレは独学でも出来る

・ボイトレ独学のメリット、デメリットを知る

応援してます!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

モンキーにべ

関連ページ

関連記事