歌の声量を上げるには?声の出し方と上げ方、声量アップ練習について

Pocket

歌の声量を上げる方法、声の出し方を知りたい人は多いと思います。

声が小さい人でも声量アップ練習をすれば、誰でも声を大きくすることができます。

この記事では、歌の声量の上げ方について書いていこうと思います!

「期間限定」歌の声量を上げて歌が早く上達する方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

声量とは

声量とは、「声の量」「声の大きさ」のことを言います。

大声を出すことも、声量が大きいと言えるかもしれません。しかし、大きいだけの声は騒音で不快でしかありません。

声の音量が大きくて、聞いていて心地よいと感じる要素には「響き」があります。

楽器を例にすると、上質な楽器は鳴らすと「良い響きだ」と感じると思います。歌も同じで響きを大切にするんです。

よって、声量を上げるには声を響かせることが必要だと言えます。

「期間限定」歌の声量をアップさせて歌が上手くなる方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

声を響かせるには

声を響かせるには、共鳴腔(きょうめいくう)を使うことです。

共鳴腔とは、声が良く響く空洞のことです。例えば、お風呂で歌を歌うと響いて聴こえますよね?

この空間が身体にあるようなイメージです。共鳴腔には、

・胸を軸にする咽頭共鳴(いんとうきょうめい)

・口の奥を響かせる口腔共鳴(こうくうきょうめい)

・鼻の空洞を響かせる鼻腔共鳴(びくうきょうめい)

があります。

声が響くようになると、広がりのある綺麗な声になります。なので、歌を歌うときは喉を使うのではなく、共鳴腔を使って歌うクセをつけることが大切です。

響かせて歌う練習方法は「ハミング」を使って声を響かせることです。ハミングとは、口を閉じて鼻を通じて歌うことです。

それでは、ハミングのやり方について説明します。

1.まずは口を閉じる

2.喉に力を入れず鼻から息を吸う

3.鼻を通じて「んー」と声を出す

4.鼻や口の奥に振動を感じる

これにより、ハミングができるようになります。

コツは、ハミングをしているときに鼻の下辺りに手を当てて、鼻息の漏れを確認してみてください。量が少ない程、共鳴したハミングになります。口の奥や鼻辺りに振動を感じれば、正しいハミングができているということになります。

鼻腔でハミングをする感覚が掴めたら、口腔、咽頭腔でも声を響かせます。

口腔共鳴の練習方法は、

1.舌を軽く下げて口の中に空間を作る

2.「ほー」と声を出す

3.喉の奥が響いていれば成功

これにより、口腔共鳴ができるようになります。

コツは、声を出すとき、喉の奥に息を当てると響くようになります。のどちんこのまわりがビリビリしていたら成功です。この感覚が掴めたら、声を上あごに当ててみてください。

上あごの前(上前歯辺り)の方に声を当てると「鋭い声の響き」になります。ここから上あごをなぞって後ろに声を当てると「膨らみのある丸い声の響き」になります。上あごの場所によって声の響きが変わるということです。

また、息を当てる量を増やすことで声量を変えることもできます。響きがいまいち分からない方は、息を当てる量を増やす方法で試してみてください。

咽頭共鳴の練習方法は、

1.舌を下げて口の中に空間を作る

2.低い声で「ほー」と声を出す

3.喉仏の周辺が響いていれば成功

これにより、咽頭共鳴ができるようになります。

コツは、喉仏の周辺を意識し、下に声を出すことです。こうすることにより、咽頭腔が響きやすくなります。

よって、共鳴腔を知ることで、声を響かせる感覚が分かるようになります。

「期間限定」歌の声量を増大させて歌が早く上達する方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

声量を上げる4つの方法

声量上げる方法は4つあります。

・ハミングで強弱をつける

・喉を開く

・正しい姿勢で歌う

・腹式発声をする

の4つです。

それぞれ説明します。

ハミングで強弱をつける

声量上げる方法は、ハミングで強弱をつけることです。

練習方法は、3つの共鳴腔を強弱をつけて響かせることです。鼻腔、口腔、咽頭腔をそれぞれ響かせます。

最初は「んー」と発声し、響かせるときは低音を小さく、高音を大きくすると感覚を掴みやすいです。大きく響かせると共鳴腔が強くビリビリします。この感覚が成功です。

慣れてきたら「あいうえお」の母音で発声してください。

この練習をしていくと喉の筋肉を最小限に使え、声量を上げる、または限界値を伸ばすことができるようになります。

喉を開く

歌の声量を上げる方法は、喉を開くことです。

なぜなら、喉がしっかり開いていないと声の通り道を塞いでしまい、小さくこもった声になってしまうからです。

喉を開くとは「口の奥」をしっかりと開けて歌うことです。喉を開くと言われると、口先を大きく開ける人がいますがそれは違います。

口先を大きく開けても、喉仏や舌が邪魔になって喉の奥のスペースを塞いでしまいます。なので、喉を開くとは口の奥をしっかり開けることになります。

喉の奥のスペースを確保するには、舌の根っこ部分(舌根)を下げる必要があります。力で無理やり舌根を下げれば良いのではなく、力を入れることなく自然に下げます。

舌根を力を入れず自然に下げるには、あくびをしたときが分かりやすいです。あくびをすると舌が下がり、喉の奥が一気に広がる感じがしますよね?

この感覚が「喉が開いた」状態になります。

これにより、喉をしっかり開くことができるようになります。

正しい姿勢で歌う

歌の声量を上げる方法は、正しい姿勢で歌うことです。

野球や水泳など、どのスポーツにも必ず基本となるフォーム(姿勢)があります。

野球で例えるなら、ボールを投げる時は下半身をねじるように利き手と反対の腕で勢いをつけながら動かし、利き手の手首のスナップや指先の握り方に注意することで良い球を投げることができます。フォームが悪いとバランス良く身体を使えない為、ボールを上手く投げることができません。

歌も身体を使うのでスポーツの一環として捉えることができ、正しい姿勢で歌うことが重要だと言えます。

正しい姿勢で歌えるようになると、必要最低限の力で歌えます。息を吐き出す際、声帯を閉じて「声」に変換していきます。

息が不安定になれば「声=歌」も不安定になります。正しい姿勢を保つことにより、息の安定感を作ることができ、歌が歌いやすくなります。

正しい姿勢のコツは、腰から頭まで一直線にあることです。喉や首、空気が通る気管。空気を取り込む肺や横隔膜。声を出すために多くの身体の部位が関わっています。

正しい姿勢は、水を通すホースによく例えられます。このホースがねじ曲がって、途中で潰れていたら水が通りにくくなってしまいます。

水が通りやすくするためには、ホースがまっすぐになっている必要があります。人の身体も同じで、悪い姿勢では息が不安定になり歌にも影響します。

したがって、正しい姿勢とは腰から頭までが一直線上になっていることが重要となります。

腹式発声をする

腹式発声をすることも、声量を上げる方法の一つです。

腹式発声とは、腹式呼吸を使った発声法です。腹式呼吸とは、主に肺の下部を使って呼吸する方法です。

腹式呼吸をすると、肺の下(みぞおちの上辺り)にある横隔膜(おうかくまく)が下がります。横隔膜は肺と胃の間にあります。

息を吸うと横隔膜が下がり、肺の下方に空気が入ってお腹が膨らみます。このとき、肩や胸に力が入ってしまうことを胸式呼吸(きょうしきこきゅう)といいます。

胸式呼吸とは、主に肺の上部を使って呼吸することです。普段の生活では胸式呼吸を使っている人がほとんどです。

腹式呼吸が深く呼吸できることに対し、胸式呼吸は浅い呼吸になってしまいます。このような理由から、歌では腹式呼吸が必要となります。

まずは、腹式呼吸のやり方について説明します。

1.おへそ辺りに手を置く

2.鼻でゆっくり空気を吸い込みながら、おへその辺りが膨らんでいるか確認する

3.時間をかけてゆっくり息を吐く

4.2.3を繰り返す

これにより、腹式呼吸ができるようになります。

コツは、仰向けに寝たまま息を吸うと自然に腹式呼吸になります。なので、感覚がわからない場合は寝たまま練習するといいです。

続いて、腹式発声のやり方について説明します。

腹式発声は息を吸ってお腹が張ったら、そのまま息を吐く要領で「あー」と長く声を出します。

このとき、息を吐いているときはお腹ができるだけへこまないように頑張って張り返します。それには横隔膜を使います。

横隔膜が使えているときはおへその下(指2〜3本分下)、いわゆる「丹田(たんでん)」と呼ばれる場所が固くなり、手で押すと張り返してきます。

この場所が固くなっていればしっかりとお腹から声が出せている証拠です。息を吸う量は、苦しくなるまで吸うのではなく、7割から8割くらいを目安にすると維持しやすくなります。

これにより、息の量をコントロールすることができ、声量を上げることができます。

「期間限定」歌の声量を上げて歌が上手くなる方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

まとめ

いかがでしょうか?

まとめると

・歌の声量について、響かせ方を知る

・歌の声量を上げる方法を実践する

応援しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

モンキーにべ

「期間限定」歌の声量をアップさせて歌が早く上達する方法をすべて解説した全15話。9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

関連ページ

関連記事