裏声がかすれる、詰まる、引っかかる、出ない方へ!裏声が出なくなった原因と改善方法

Pocket

裏声がかすれる、詰まる、引っかかる、出ないと悩む方は多いですよね。

前は裏声が出たのに、いつのまにか裏声が出なくなったと悩む方も多いと思います。

この記事では、裏声がかすれる、詰まる、引っかかる、出ない方へ、裏声が出なくなった原因と改善方法について書いていこうと思います!

 

裏声がかすれる、詰まる、引っかかる、出ない原因とは

裏声が出なくなった、かすれる、詰まると感じる、引っかかる原因について説明します。原因は4つあります。

・息を出せていない

・喉が開いていない

・声帯が閉じている

・喉周辺に力が入っている

の4つです。

それぞれ説明していきます。

息をしっかり出せていない

裏声が出ないのは息が出ていないのが原因かもしれません。

なぜなら、息を吐くことで声帯が振動し、声になるからです。

裏声を出そうと意識し過ぎてしまうことで、十分な息が出せていない可能性があります。

これにより、裏声が出ないのは息をしっかり出せていないことが原因といえます。

喉が開いていない

喉が開いていないことも、裏声がかすれたり詰まったりする原因の一つです。

理由は、喉がしっかり開いていれば声の通りが良くなるからです。

喉が閉まっていると息や声が抜けにくくなり、かすれたり詰まったりしてしまいます。

これにより、裏声が出ないのは喉が開いていないことが挙げられます。

声帯が閉じている

声帯が閉じていると、裏声が出なくなったり引っかかったりする原因になります。

なぜなら、声帯を開いたまま発声することで裏声になるからです。

声帯が閉じようとするほど裏声が出なくなり、引っかかったりする原因になってしまいます。

これにより、裏声が出ないのは声帯が閉じていることが挙げられます。

喉に力が入っている

裏声がかすれるのは、喉に力が入って閉まっていることが原因かもしれません。

綺麗な裏声を出すときは喉に力は入りません。

喉に力が入ってしまうと喉が閉まって響きが失われ、裏声が出しにくくなってしまいます。

これにより、裏声がかすれるのは喉に力が入っていることが原因といえます。

裏声がかすれる、詰まる、引っかかる、出せない方への改善方法

裏声が出せない方への改善方法について説明していきます。全部で8つあります。

・息を吐く量を多くする

・声門を広げる

・声帯が開きやすい言葉で発声する

・鼻歌の感覚

・小さな声で発声練習する

・地声と裏声の違いを知る

・裏声を繰り返し聴く

・地声と裏声を交互に出す

の8つです。

それぞれ説明します。

息を吐く量を多くする

裏声を出すコツに、息の量を多くすることが挙げられます。

なぜなら、声帯の閉鎖を弱めることができるからです。

声帯の閉鎖を弱めると息漏れが多くなり裏声になります。

そこで意図的に息の量を多めにして発声することで、声帯を閉鎖する力を弱められます。

これにより、裏声が出しやすくなります。

声門を広げる

裏声を出すコツは声門を広げることです。

声門を広げるとは、舌を下げることをいいます。

舌を下げると喉が開いて息の通り道ができ、存分に息を吐くことが可能となります。

舌を下げる例として、あくびをしているときのような、喉の奥が大きく開いているイメージをしてください。

これにより、しっかりと息を吐くことができ、裏声を出すことが出来ます。

声帯が開きやすい言葉で発声する

声帯が開きやすい言葉で発声することも裏声を出すコツになります。

声帯が開きやすい言葉は「ハヒフヘホ」になります。

特に「フとホ」は声帯が開きやすい言葉なので、「フー」や「ホー」で発声練習するといいです。

これにより、裏声が出しやすくなります。

鼻声の感覚

裏声を出すコツは鼻歌で歌うことです。

なぜなら、鼻歌で歌うと喉に力が入りにくくなるからです。

鼻歌のことをハミングとも言います。

ハミングのやり方は、

・まずは、口を閉じる

・喉に力を入れず、鼻から息を吸う

・鼻を通して「んー」と声を出す

・鼻の頭を触り、響いているか確認

これによりハミングができ、裏声が出しやすくなります。

小さな声で発声練習する

小さな声で発声練習することも、裏声を出すコツになります。

なぜなら、声帯の閉鎖を弱めると声は小さくなるからです。

意図的に声を小さくすることで、声帯の閉鎖を弱めることができます。

声帯の閉鎖を弱めることで裏声が出しやすくなります。

地声と裏声の違いを知る

上記を試しても感覚が掴めない方は、地声と裏声の違いを知ることが大切になります。

地声と裏声は声帯が関係してきます。声帯とは、喉の奥の左右についている2枚のひだのことです。

声帯の間を空気が通り抜ける時に、2枚のひだが振動して「声」になります。

地声を出す時は、声帯を閉じる筋肉が中心となって働くことで声帯がしっかりと閉じ、声帯自体も分厚く、短くなります。

強く太い声になり、声の高さは裏声よりも低くなります。

対して裏声を出す時には、声帯を引き伸ばす筋肉が中心ととなって働くことで、声帯を閉じる力は弱まり。声帯が薄く、長くなります。弱く細い声になりますが、地声よりも楽に高い声を出すことができます。

声を出す時は、声帯を閉じている筋肉と声帯を引き伸ばす筋肉が連動して働いているため、どちらか一方の筋肉だけが働くということではありません。

声帯を閉じる筋肉が優勢に働くと地声、声帯を引き伸ばす筋肉が優勢に働くと裏声になるということです。

これらが、地声と裏声の違いになります。

裏声を繰り返し聴く

裏声を出すコツに、裏声を繰り返し聴くことが挙げられます。

裏声を聴くとは、上手く裏声を出している歌手を聴いたり観たりすることです。

理論を勉強するよりも、実際に歌っている人を聴いたり観たりする方が上達が早くなることがあります。

裏声を多用する歌手のライブを聴きに行ったり、動画でライブ映像を観たりといいです。

これにより、上手く裏声を出せている歌手から技術を学べ、裏声を出せるようになります。

地声と裏声を交互に出す

地声と裏声を交互に出す練習をすることで、実際に歌いながら裏声を出せます。

地声と裏声を交互に出すことで、地声と裏声の声帯の開き具合の違いを確かめることができます。

これを繰り返すことで、声帯を器用に開いたり閉じたり出来るようになるので、曲の中で綺麗な裏声を出す感覚が分かるようになります。

練習では、地声で出せる低い音と1オクターブ上の裏声を使い分けながら発声します。慣れてきたら半音ずつ上げていきます。

これにより、地声と裏声の違いが分かるようになります。

まとめ

いかがでしょうか?

まとめると

・裏声が出ない原因を知る

・裏声が出ない改善方法を試す

ぜひ、参考にしてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

モンキーにべ

関連ページ

関連記事