長くできない、息が続かない人へ!リップロールのやり方やコツ、5つの効果

Pocket

リップロールが続かない、リップロールのやり方やコツ、効果について知りたい人は多いです。また、リップロールが長くできない、息が続かない人も多いですよね。

リップロールの上達に必要なコツは5つあります。これらを意識することで楽にリップロールができるようになります。

この記事では、リップロールのやり方や効果、コツについて書いていきます。

『期間限定』リップロールをマスターして歌が早く上達する方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

リップロールとは

リップロールとは、唇を震わせながら発声するボイストレーニングのことです。

基礎的なボイストレーニングの一つになります。

リップロールで呼吸筋を鍛えることができ、発声が安定していきます。

プロのミュージシャンも歌う前にウォーミングアップとして取り入れています。

リップロールで得られる5つの効果

リップロールで得られる効果は5つあります。

・歌う前の準備運動になる

・喉が温まり、痛めにくくする

・顔や首の筋肉がほぐれる

・ブレスコントロールが上手くできるようになる

・低音発声、高音発声の感覚を掴みやすい

それぞれ解説していきます。

歌う前の準備運動になる

リップロールで得られる効果1つ目は、歌う前の準備運動になることです。

なぜなら、リップロールは唇を震わせることで声帯の負担を少なくし、声を出すことができるからです。

声出しをせずにいきなり歌ってしまうと声帯へのダメージが大きくなり、声が枯れる、声が出しにくい、喉が痛いなどの原因になります。

歌は声帯だけではなく、口周りの筋肉も使います。リップロールで口周りの筋肉をほぐすことで、徐々に声帯の筋肉を使うことが出来ます。

したがって、リップロールをすることで、歌を歌う前に声帯の機能を良くしておく準備運動になります。

喉が温まり、痛めにくくする

リップロールで得られる効果2つ目は、喉を痛めにくくすることです。

なぜなら、リップロールは喉周りの筋肉も一緒に使うことができるからです。

その為、喉の血流も良くなり、喉へのダメージを減らしてくれる効果があります。

これにより、リップロールをすることで喉が温まり、痛めにくくすることができます。

顔や首の筋肉がほぐれる

リップロールで得られる効果3つ目は、顔や首の筋肉がほぐれることです。

理由は、リップロールで表情筋や首回りの筋肉をほぐすことができるからです。

表情筋や首周りの筋肉が固いとうまく声が出ず、力任せな発声になってしまいます。良い発声は特に首回りに力が入らない状態をいいます。

リップロールをすることで、表情筋や首周りの筋肉をほぐすことができ、発声の状態が良くなっていきます。

ブレスコントロールが上手くできるようになる

4つ目のリップロールで得られる効果は、ブレスコントロールができるようになることです。

なぜなら、リップロールは均一に息を吐き出さないとできないからです。

吐く息の量が一定にならないと、唇の揺れが止まってしまったり、唇を揺らすことができなかったりします。なので、リップロールには息の調節が必要です。

したがって、リップロールを続けることにより、ブレスコントロールが上手くなっていきます。

低音発声、高音発声の感覚を掴みやすい

5つ目のリップロールで得られる効果は、低音や高音発声の感覚を掴みやすいことです。

リップロールをすることで声の響きを感じやすくなり、低い音から高い音へとスムーズに声を出す感覚が掴みやすくなります。

リップロールは、喉声になることを防ぐ効果や声の響きを確認したいときなど、非常に便利です。

『期間限定』リップロールを理解して歌の上達が早くなる方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

リップロールのやり方

リップロールのやり方について、説明していきます。

1.リラックスして口を閉じる

2.唇を少し前に突き出す

3.鼻で息を吸う

4.息を5〜10秒間均一に吐いて、唇をプルプルと振動させる

これができたら「ハミング」を取り入れて、声を出しながらリップロールをします。ハミングとは、鼻歌のことです。

これにより、リップロールができるようになります!

リップロールが続くようになったら、音程を自由に上下させる練習をしてください。また、自分の好きな曲のメロディーを様々な音域でリップロールすることも練習になります。

『期間限定』リップロールをマスターして歌が早く上達する方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

リップロールが長くできない、息が続かない人へのコツ

リップロールが長くできない、息が続かないときのコツを4つ説明します。

・息を吐く量

・唇に力を入れない

・口角を上に上げる

・唇を湿らす

それぞれ解説します。

息を吐く量

リップロールが続かない、できない方の多くは息の量が多すぎたり、少なすぎたりしている場合がほとんどです。

息の量が多すぎるとリップロールは長くは続かず、逆に息の量が少なすぎると唇が揺れない傾向にあります。

コツは、声を一定に出すイメージで息の量を調節してみてください。

息を真っ直ぐ吐くようにイメージするとやりやすいです。

唇に力を入れない

リップロールが続かない、できない方は唇に力が入っていることが原因に挙げられます。

理由は、唇に力を入れていると、唇が固まって動かずリップロールしにくくなってしまうからです。

コツは、唇の力を抜き、リラックスした状態でリップロールするとやりやすいです。

口周りの力を抜くイメージを持つとさらに良いです。

口角を上に上げる

息を吐く量、唇の力を抜いてもリップロールが続かない、できない場合は両手で唇を引っ張るように口角を持ち上げるとやりやすくなります。

リップロールの感覚が掴めてくるまで口角を上げ、できるようになってきたら自然な状態でやってみてください。

唇を湿らす

リップロールが続かない原因に、唇が乾いてしまっていることも挙げられます。

唇が乾いているのに比べ、湿っていたほうがやりやすいです。

舐めてもいいですが、唇が荒れてしまう原因にもなるので、リップクリームを使った方が良いです。

『期間限定』リップロールのコツを掴んで歌が早く上達する方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

まとめ

いかがでしょうか?

まとめると

・リップロールとは、唇を震わせながら発声するボイストレーニング

・リップロールで得られる効果を知る

・リップロールのやり方は、口を閉じ、唇を前に少し突き出し、ハミングで声を出しながら唇をプルプルさせる

・息の量や唇をリラックス、口角を上げたり、唇を湿らすとリップロールしやすい

応援しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

モンキーにべ

『期間限定』リップロールをマスターして歌が早く上達する方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

関連ページ

関連記事