歌声の音域の広げ方、音域を広くする方法とは?

Pocket

歌声の音域の広げ方について悩んでいる人は多いですよね。

音域を広くする方法を知りたい方も多いと思います。

この記事では、歌声の音域の広げ方、音域を広くする方法について書いていこうと思います!

 

音域とは

音域とは、人の声で出せる音の範囲のことです。声域とも呼ばれます。

ただ、声が出せればいいわけではなく、聴いていられる声で出せる音の範囲です。

歌の音域を調べる方法

音域の調べ方にピアノを使って自分の音域を調べる方法があります。

理由は、ピアノの音は正確だからです。

やり方は、ピアノの音と自分の声を出して、しっかりと音が合っているかを調べます。

これにより、正確な自分の音域を調べることが出来ます。

歌の音域の広げ方

歌の音域の広げ方は3つあります。

・ハミング

・エッジボイス

・チェストボイス

の3つです。

それぞれ解説します。

ハミング

歌の音域を広げるには、ハミングで鼻腔共鳴(びくうきょうめい)を練習します。

鼻腔とは、鼻の穴の奥の空間です。空気の通り道になるところを指します。

この空間に声を響かせ、膨らみのある暖かい声を出すことを鼻腔共鳴といいます。

鼻腔共鳴が必要な理由は、鼻腔は低音でも高音でも良く響くからです。

それでは、ハミングのやり方について説明していきます。

基本的に鼻歌を歌う感じだと思ってください。

1.まずは、口を閉じる

2.喉に力を入れず、鼻から息を吸う

3.鼻を通して、「んー」と声を出す

4.鼻の頭を触り、響いているか確認

これにより、ハミングが出来るようになります。

ハミングのコツは、鼻筋や鼻の穴の奥に振動を感じることです。

なぜなら、ハミングをすると声が響くようになるからです。

振動を感じられない場合は、上手くハミングが出来ていません。

ハミングをして鼻筋や鼻の穴の奥にビリビリと振動を感じられれば、正しいハミングが出来ています。

エッジボイス

エッジボイスで声帯閉鎖(せいたいへいさ)の練習をすることも、歌の音域を広げる方法です。

エッジボイスとは、声帯を閉じて発声した時に出る、ガラガラとしたような声を出す練習方法です。

別名で、ボーカルフライとも呼ばれます。

エッジボイスは「ホラー映画の『呪怨』の登場人物が出している「ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛」という声」といわれます。

エッジボイスの練習は「声帯閉鎖」の感覚をつかむ練習方法になります。

声帯とは、喉の奥の左右についている2枚のひだのことです。声帯の間を空気が通り抜ける時に、2枚のひだが振動して「声」になります。

声帯は呼吸時には開き、発生時には閉じています。声帯閉鎖とは、声帯が閉じている状態をいいます。声帯の閉じ具合は、主に5段階に分かれます。

・声が通らないほど、声帯がしっかり閉まっている状態

・詰まった声が出る、声帯がかなり閉まっている状態

・声を出すために最低限の力で声帯が閉まっている状態

・少し息が漏れている、声帯が少し開いている状態

・声が出ず息が漏れる、声帯が完全に開いている状態

この中の「最低限の力で声帯が閉まっている状態」が、声帯閉鎖の感覚をつかむのに適しています。声帯閉鎖が出来るようになるための良いトレーニング方法がエッジボイスです。

エッジボイスの効果は、

・芯のある声を出せるようになる

・声量が大きくなる

・高音に張りが出るようになる

などが挙げられます。

それでは、エッジボイスの出し方について説明していきます。

1.力を抜いてリラックスする

2.出しやすい声の高さで、「アー」と声を出す

3.そのまま自分が出せる一番低い音まで下げる

4.一番低い音まで下げると、最後は声は鳴らなくなり、「ガラガラ」とした音が出る

それが「エッジボイス」です。

これにより、エッジボイスを出すことが出来るようになります。

エッジボイスが出せるようになってきたら応用練習をしていきます。

エッジボイスはそれだけで歌うというよりも、声質に深みを出したり、より高度な歌い方のための土台となる発声法です。

応用練習は地声に張りを出す練習をします。エッジボイスから地声に移行する練習は、地声に張りを出すことが出来ます。

地声に戻るときは力を入れず、エッジボイスと同じ力を保つようにしてください。地声に戻るときは、ざらつきのない綺麗な声を意識してください。

地声に張りを出すことが出来たら、高音や裏声に張りを出す練習をします。

エッジボイスを出している状態から音程を上げていきます。ハミングを意識することが大切です。ハミングとは鼻歌のことです。

このままの練習だと、奇声みたいなキンキンとした細い声になってきまいがちです。なので、楽に綺麗な高音を出すことを目指して練習してください。

チェストボイス

チェストボイスで低音域を広げることも、音域を広げる方法です。

チェストボイスとは、胸を土台にし咽頭腔(いんとうくう)を響かせて地声を出すことをいいます。咽頭腔とは、口の奥にある喉の空間です。

この咽頭腔を響かせることを、咽頭共鳴(いんとうきょうめい)といいます。咽頭共鳴とは、咽頭腔で空間を作り、倍音(ばいおん)を生み出すことをいいます。

倍音とは、音には周波数があり、1つの音(基音)でも何種類かの音(倍音)が鳴っている状態のことです。基本的に、倍音が多く含まれる声は「いい声」になります。

例えば、体育館やお風呂などで声を出します。すると、声が綺麗に響き、声量が大きくなって気持ちいいと感じませんか?

これは、声が響く空間になっているからです。空間は、広さや高さがあるとできます。

このように、咽頭腔に空間を作ることで声が共鳴し、響かせることを咽頭共鳴といいます。

チェストボイスの効果は、

・高音が力強くなる

・声が身体に響くのを体感できる

・個性が出しやすくなる

などが挙げられます。

それでは、チェストボイスの出し方を説明していきます。

まずは、咽頭共鳴のやり方です。

1.舌を下げて、口の中に空間を作る

2.低い声で「ほー」と声を出す

3.喉仏の周辺が響いていれば成功

これにより、咽頭腔が響きやすくなります。

咽頭共鳴の感覚がわかってきたら、チェストボイスを出してみます。

これは、福山雅治さんの「虹」という曲のAメロをイメージしながら練習します。

1.咽頭共鳴を意識しながら、「きいて ほしい」と言葉で発声する

2.ものまねをするイメージで、下に声を出す

3.重く深い声になったら成功です。

これにより、チェストボイスが出来るようになります。

ただ、これだけでは低い音でしか声が響きません。

重く深い声の色を変えずに中音域、高音域を響かせることも、重要だと言えます。

チェストボイスで中音域を出すには、咽頭共鳴を使いながら、口腔(こうくう)を響かせることです。

口の中を響かせることを、口腔共鳴(こうくうきょうめい)と言います。

口腔共鳴は、中音域が良く響きます。

口腔共鳴の練習方法は、

1.舌を軽く下げて、口の中に空間を作る

2.「ほー」と声を出す

3.喉の奥が響いていれば成功

これにより、口腔共鳴ができるようになります。

コツは、声を出すとき、喉の奥に息を当てると響くようになります。

のどちんこのまわりが、ビリビリしていたら成功です。

また、息を当てる量を増やすことで、声量を変えることもできます。

響きがいまいち分からない方は、こちらの方法で試し出てください。

口腔共鳴の感覚がわかってきたら、福山雅治さんの「虹」という曲のサビをイメージしながら練習します。

1.咽頭共鳴を使い、胸を土台にするイメージをする

2.イメージが出来たら、胸の土台を意識しながら、口腔共鳴を使って「ただちずをひろげて」と発生する

3.重く深みのある声が出ていれば成功

これにより、チェストボイスで中音域を出すことが出来るようになります。

コツは、中音域を出しながら、下に声を出すイメージを持つことです。

慣れるまで時間がかかると思いますが、練習すれば誰でも出来るようになります。

チェストボイスで高音域を出すには、咽頭共鳴を使いながら、鼻腔(びくう)を響かせることです。

鼻の中を響かせることを、鼻腔共鳴(びくうきょうめい)といいます。

鼻腔を響かせて歌う練習方法は、上記で解説した「ハミング」を使って声を響かせることです。

ハミングしながら咽頭腔を響かせることで、高音が出せるようになります。

これにより、チェストボイスで高音域が出せるようになります。

まとめ

いかがでしょうか?

まとめると

・音域とは人の声で出せる音の範囲のことです。

・音域を広げる方法を実践する

ぜひ、試してみてください!

応援しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

モンキーにべ

関連ページ

関連記事