カラオケでも使える喉を開く方法、感覚について

Pocket

カラオケに行ったり歌を歌っていると、喉を開くという言葉を耳にすると思います。

「喉を開くのは大きく口を開けること」と思ってしまっている人は多いです。

そこで、今回は喉を開くとは何かついてまとめてみました。

この記事では、カラオケでも使える喉を開く方法について書いていこうと思います!

「期間限定」喉を開く方法をマスターして歌が早く上達する方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

喉を開くとは

喉を開くとは「口の奥」をしっかりと開けて歌うことです。

喉を開くと言われると口を大きく開ける人がいますがそれは違います。

口を大きく開けても喉仏や舌が邪魔になって、喉の奥のスペースを塞いでしまいます。

なので、喉開くとは、口の奥をしっかり開けることになります。

「期間限定」歌やカラオケが早く上達する方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

喉を開く効果

喉を開くとどういう効果あるのか。喉が開いていない状態は、喉の奥にあまりスペースがない状態です。この状態から歌おうとすると、狭いスペースから大きな声を出そうとします。

結果、喉や声帯に力を入れて歌うことになってしまいます。無理に声を出そうとするので、喉や声帯に大きな負担がかかり、声が枯れたり怪我をしたりする場合もあります。

それに対して、喉をしっかり開き、喉に奥のスペースを確保した状態で歌うと、声が出しやすくなります。声や息の通り道が確保されるので、小さい力で大きな声を出すことが可能になります。

喉を開くことによって、声を出しやすくすることが出来るようになります。

「期間限定」喉の開き方を理解して歌が早く上達する方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

喉を開く方法

喉の奥のスペースを確保するためには、舌の根っこの部分(舌根)を下げる必要があります。力で無理やり舌根を下げればいいわけではなく、力を入れることなく、自然に下げます。

舌根を力を入れず自然に下げるには、あくびをしたときが分かりやすいです。あくびをすると舌が下がり、喉の奥が一気に広がる感じがしますよね?この感覚が「喉が開いた」状態になります。

これにより、喉をしっかり開くことが出来るようになります。

「期間限定」歌やカラオケが上手くなる方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

まとめ

いかがでしょうか?

まとめると

・喉を開くとは口の奥を開けること

・あくびをすると喉を開く感覚が分かる

応援しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

モンキーにべ

「期間限定」喉を開く方法をマスターして歌が早く上達する方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

関連ページ

関連記事