口腔共鳴とは?鼻腔共鳴との歌声の違い、練習、やり方、コツ

Pocket

口腔共鳴のやり方や練習のコツ、鼻腔共鳴との歌声の違いを知りたい方は多いと思います。

「歌に響きがない」と悩む方に、ぜひ取り入れてもらいたい方法です。

この記事では、口腔共鳴のやり方、練習のコツ、鼻腔共鳴と口腔共鳴の違いについて書いていこうと思います!

「期間限定」口腔共鳴をマスターして歌が早く上達する方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

口腔共鳴とは

口腔共鳴とは、歌うときに口の中を響かせることです。

口の中を響かせるとは、口の中で空間を作り、倍音(ばいおん)を生み出すことをいいます。

倍音とは、音には周波数があり、1つの音(基音)でも何種類かの音(倍音)が鳴っている状態のことです。

基本的に倍音が多く含まれる声は「良い声」になります。

例えば、体育館やお風呂などで声を出します。すると、声が綺麗に響き、声量が大きくなって気持ちいいと感じませんか?

これは、声が響く空間になっているからです。空間は広さや高さがあるとできます。

このように、口の中に空間を作ることで声が共鳴し、響かせることを口腔共鳴といいます。

「期間限定」口腔共鳴を理解して歌が上手くなる方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

口腔共鳴の役割

口腔共鳴を使うと、声量を大きくすることが出来ます。

声は声帯が振動した音ですが、それだけではとても小さいです。

声の大きさを出すためには、音を響かせる必要があります。それには、口腔共鳴を使って声を響かせます。

口腔で響かせることにより、声量を大きくすることが出来ます。

また、口腔共鳴は「中音域」がよく響きます。中音域とは、高い音と低い音の中間のことです。

中音域を響かせることで、歌のAメロやBメロが歌いやすくなります。

口腔共鳴を使うことにより、中音域を響かせることが出来るようになります。

「期間限定」口腔共鳴を知って歌やカラオケが上手くなる方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

口腔共鳴と鼻腔共鳴の違い

口腔共鳴と鼻腔共鳴は、響きに違いがあります。

口腔共鳴は、中音域がよく響きます。鼻腔共鳴は、高音域がよく響きます。

このように、響く音の高さに違いがあります。

また、低音域がよく響く、咽頭共鳴(いんとうきょうめい)というものもあります。

共鳴させる空間によって、響きに違いがあるということです。

口腔共鳴のやり方、練習方法、コツ

それでも、口腔共鳴の練習方法について説明します。

1.舌を軽く下げて、口の中に空間を作る

2.「ほー」と声を出す

3.喉の奥が響いていれば成功

これにより、口腔共鳴が出来るようになります。

コツは、声を出すとき、喉の奥に息を当てると響くようになります。のどちんこのまわりが、ビリビリしていたら成功です。

また、息を当てる量を増やすことで、声量を変えることも出来ます。

響きがいまいち分からない方は、息を当てる量を増やす方法で試してみてください。

「期間限定」口腔共鳴をマスターして歌が早く上達する方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

まとめ

いかがでしょうか?

まとめると

・口腔共鳴とは、歌うときに口の中を響かせること

・口腔共鳴は、声量を大きくしたり、中音域がよく響く

・口腔共鳴を練習することで、歌に響きを出すことが出来る

応援しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

モンキーにべ

「期間限定」口腔共鳴をマスターして歌が早く上達する方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

関連ページ

関連記事