歌声がこもる人へ!改善方法を3つご紹介!

Pocket

歌声がこもると、なんだか暗い声に聞こえますよね。

歌詞が聞き取りづらいと感じる方もいると思います。

この記事では、歌声がこもる人への改善方法について書いていこうと思います。

「期間限定」声のこもりを改善して歌が早く上達する方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

歌声がこもる原因

歌声がこもる原因は3つあります。

・喉が締まっている

・口が開いていない

・舌がほぐれていない

の3つです。

それぞれ解説していきます。

喉が締まっている

声がこもる原因は、喉が締まっていることが挙げられます。

空気は喉を通って、外に出てきます。そのとき声帯が振動して、声に変換しています。

空気の通り道が狭くなってしまうと声が弱くなり、結果、声がこもってしまいます。

なので、喉が締まっていると、声がこもる原因になります。

口が開いていない

口が開いていないことも原因の一つです。

口が開いていないと、声を出したときに口の中で「もごもご」してしまいます。

これだと声が上手く通らず、こもってしまいます。

なので、口が開いていないことも、声がこもる原因になります。

舌がほぐれていない

舌がほぐれていないことも、声がこもる原因になります。

舌は言葉を形成する、とても大切な役割をしていて、舌の位置で響きが変わります。

舌がほぐれていないと、上手く動かすことが出来ません。結果、上手く発音できず、声が通らなくなってしまいます。

なので、舌がほぐれていないことも、声がこもる原因となります。

「期間限定」通る声を習得して歌が早く上達する方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

声がこもる改善方法

声がこもる改善方法は3つあります。

・喉を開く

・口を開ける

・舌をストレッチする

の3つです。

それぞれ解説します。

喉を開く

喉を開くとは、「口の奥」をしっかりと開けて歌うことです。喉を開くと言われると、口を大きく開ける人がいますが、それは違います。

口を大きく開けても、喉仏や舌が邪魔になって、喉の奥のスペースを塞いでしまいます。なので、喉を開くとは、口の奥をしっかり開けることになります。

喉が開いていない状態は、喉の奥にあまりスペースがない状態です。この状態で歌うと、声がこもってしまいます。

喉の奥のスペースを確保するためには、舌の根っこ部分(舌根)を下げる必要があります。力で無理やり舌根を下げればいいわけではなく、力を入れることなく、自然に下げます。

舌根を力を入れずに自然に下げるには、あくびをしたときが分かりやすいです。あくびをすると、舌が下がり、喉の奥が一気に広がる感じがしますよね?

この感覚が、「喉が開いた」状態になります。これにより、喉をしっかり開くことが出来るようになります。

口を開ける

口を大きく開けることで、歌声が通りやすくなります。

鏡の前で歌を歌って、口が開いていない人は注意が必要です。

口を大きく開けることで、声がこもるのを防ぐことが出来ます。

舌をストレッチする

舌をストレッチすることも、声がこもることを防ぐ改善方法です。舌がほぐれていないと、スムーズに動かすことができません。

そうならないためにも、歌う前には舌をストレッチします。ストレッチは、タングトリルをします。

タングトリルとは、「タング(舌)をトリル(巻く)」という意味で、巻き舌のことをいいます。タングトリルをすることで、舌の筋肉をリラックスさせることができ、筋肉が硬くなるのを防ぐ効果があります。

それでは、タングトリルのやり方について説明していきます。

1.口を少し開ける

2.上の歯の根元に舌先を当てる

3.舌をリラックスさせる

4.「ドゥルルル」や「ダラララ」と発音する感じで息を吐いて、舌を震わせる

5.震わせながら声を出してみる

コツは、息の量を一定にすることです。息の量を一定にすることで、安定して舌を震わせることが出来ます。

これにより、声がこもるのを防ぐことが出来ます。

「期間限定」通る声を習得して歌が早く上達する方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

まとめ

いかがでしょうか?

まとめると

・声がこもる原因を知る

・声がこもる改善方法を実践する

応援しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

モンキーにべ

「期間限定」声がこもるのを改善して歌が早く上達する方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

関連ページ

関連記事