カラオケの歌い方やコツについて9選、声の出し方がわからない人へ

Pocket

カラオケに行くけど歌い方や声の出し方がわからない人は多いですよね。

僕もそうでした。

考えれば考えるほど迷ってしまい、どう歌ったらいいのかわからなくなりますよね。

そこで、今回はそんな経験を踏まえ、カラオケの歌い方や声の出し方についてまとめてみました。

この記事では、カラオケの歌い方やコツについて書いていこうと思います!

 

声の出し方、歌い方がわからない場合は声を響かせる感覚を知る

声の出し方がわからない方は、まずは声を響かせる感覚が必要です。

なぜなら、響かせる感覚がわからないと喉声になりやすいからです。

喉声になってしまう理由は、力いっぱい歌うと喉仏が上に上がりすぎて声の通り道が狭くなってしまうことが原因です。喉仏が上がりすぎると声が詰まったような感覚になります。

ここから更に声を出そうとすると喉の筋肉を過度に使うことになり、結果、高い音になるにつれて苦しくなったり、長時間歌えなくなったりします。

声の声量が大きくて、聴いていて心地よいと感じる要素には「響き」があります。楽器を例えにすると、どの楽器も鳴らすと「良い響きだ」と感じると思います。

歌も同じで響きを大切にするんです。楽器を鳴らしてもあまり響かないものは、良い音だとは思えないですよね?

声も楽器と同じなので響かせることが大切なんです。響かせる声の出し方は、共鳴腔(きょうめいくう)を使うことです。

共鳴腔とは、声がよく響く空洞のことです。例えば、お風呂で歌を歌うと響いて聴こえますよね?

この空間が身体にあるようなイメージです。

共鳴腔には、

・胸を軸にする咽頭共鳴(いんとうきょうめい)

・喉の奥を響かせる口腔共鳴(こうくうきょうめい)

・鼻の空洞を響かせる(びくうきょうめい)

があります。

声が響くようになると、広がりのある綺麗な声になります。なので、歌を歌うクセをつけることが大切です。

響かせて歌う練習方法は「ハミング」を使って声を響かせることです。ハミングとは、口を閉じて鼻を通じて歌うことです。

それでは、ハミングやり方について説明していきます。

1.まずは、口を閉じる

2.喉に力を入れず、鼻から息を吸う

3.鼻を通じて「んー」と声を出す

4.鼻や口の奥に振動を感じる

これにより、ハミングが出来るようになります。

コツは、ハミングをしているときに、鼻の下辺りに振動を感じれば正しいハミングが出来ているということになります。

鼻腔でハミングをする感覚が掴めたら、口腔、咽頭腔でも声を響かせます。

口腔共鳴の練習方法は、

1.舌を軽く下げて、口の中に空間を作る

2.「ほー」と声を出す

3.喉の奥が響いていれば成功

これにより、口腔共鳴が出来るようになります。

コツは、声を出すとき、喉の奥に息を当てると響くようになります。のどちんこのまわりがビリビリしていたら成功です。

この感覚が掴めたら、声を上あごに当ててみてください。上あごの前(上前歯辺り)の方に声を当てると「鋭い声の響き」になります。ここから上あごをなぞって後ろに声を当てると「膨らみのある丸い声の響き」になります。上あごの場所によって声の響きが変わるということです。

また、息を当てる量を増やすことで、声量を変えることも出来ます。響きがいまいち分からない方は、息を当てる量を増やす方法で試してみてください。

咽頭共鳴の練習方法は、

1.舌を下げて口の中に空間を作る

2.低い声で「ほー」と声を出す

3.喉仏周辺が響いていれば成功

これにより、咽頭共鳴が出来るようになります。

コツは、喉仏の周辺を意識し、下に声を出すことです。こうすることにより咽頭腔が響きやすくなります。

これにより、共鳴腔を知ることで声を響かせる感覚がわかるようになります。

歌やカラオケが上手くなる歌い方とコツ

歌やカラオケが上手くなる歌い方とコツは9つあります。

・喉を開く

・リラックスする

・腹式発声をする

・正しい姿勢で歌う

・自分の音域にあったキーの曲を選ぶ

・正しいマイクの持ち方で歌う

・歌う曲の音程をしっかり覚える

・歌う前にウォーミングアップをする

・自分の歌声を録音して聴く

の9つです。

それぞれ説明します。

喉を開く

歌やカラオケが上手くなる歌い方は、喉を開くことです。

なぜなら、喉がしっかり開いていないと声の通り道を塞いでしまい、小さくこもった声になってしまうからです。

喉を開くとは「口の奥」をしっかりと開けて歌うことです。

喉を開くと言われると、口先を大きく開ける人がいますがそれは違います。

口先を大きく開けても、喉仏や下が邪魔になって喉の奥のスペースを塞いでしまいます。

なので、喉を開くとは口の奥をしっかり開けることになります。

喉の奥のスペースを確保するためには、舌の根っこの部分(舌根)を下げる必要があります。

力で無理やり舌根を下げれば良いわけではなく、力を入れることなく自然に下げます。

舌根を力をいれず自然に下げるには、あくびをしたときが分かりやすいです。

あくびをすると舌が下がり、喉の奥が一気に広がる感じがしますよね?

この感覚が「喉を開いた」状態になります。

これにより、喉をしっかり開くことができます。

リラックスする

歌やカラオケが上手くなる歌い方は、リラックスすることです。

なぜなら、余計な力を入れてしまうと身体の筋肉が固まり、上手く声をコントロールできないからです。

歌を歌うためには声帯だけでなく、表情筋や腹筋などあらゆる筋肉を使う必要があります。

歌う前に身体の力を抜き、リラックスすることで、筋肉が固くなるのを防ぐことができます。

リラックスする方法は脱力です。身体に力を入れて、その後、一気に力を抜いた時の感覚です。肩の力を抜くとやりやすいです。

ここから歌う方向へシフトしていくと力を抜いて歌えます。

これにより、リラックスすることで声を上手くコントロールでき、歌が歌いやすくなります。

腹式発声をする

歌やカラオケが上手くなる歌い方は、腹式発声をすることです。

腹式発声とは、腹式呼吸を使った発声法です。

腹式呼吸をすると、肺の下(みぞおちの上辺り)にある横隔膜(おうかくまく)が下がります。横隔膜は肺と胃の間にあります。

息を吸うと横隔膜が下がり、肺の下方に空気が入ってお腹が膨らみます。

このとき、肩や胸に力が入ってしまうと正しく腹式呼吸が出来ていません。肩や胸に力が入ってしまうことを胸式呼吸(きょうしきこきゅう)いいます。

胸式呼吸とは、主に肺の上部を使って呼吸することです。普段の生活では胸式呼吸を使っている人がほとんどです。

腹式呼吸が深く呼吸出来ることに対し、胸式呼吸は浅い呼吸になってしまいます。このような理由から、歌では腹式呼吸が必要になります。

腹式発声が出来るようになると、声に強弱をつけたり声を伸ばしたり締めたりなど、歌を歌うのが楽になります。

まずは、腹式呼吸のやり方について説明します。

腹式呼吸のやり方は、

1.おへその辺りに手を置く

2.鼻でゆっくり空気を吸い込みながら、おへそのあたりが膨らんでいるか確認する

3.時間をかけてゆっくり息を吐く

4.2.3を繰り返す

これにより、腹式呼吸が出来るようになります。

コツは、仰向けに寝たまま息を吸うと自然に腹式呼吸になります。なので、感覚がわからない場合は寝たまま練習するといいです。

続いて腹式発声のやり方について説明します。腹式発声は息を吸ってお腹が張ったら、そのまま息を吐く要領で「あー」と長く声を出します。

このとき、息を吐いているときはお腹ができるだけへこまないように頑張って張り返します。それには横隔膜を使います。横隔膜が使えているときはおへその下(指2~3本分)、いわゆる「丹田(たんでん)」と呼ばれる場所が固くなり、手で押すと張り返してきます。

この場所が固くなっていればしっかりとお腹から声が出せている証拠です。息を吸う量は、苦しくなるまで吸うのではなく、7割から8割くらいを目安にすると維持しやすくなります。

これにより、腹式発声が出来るようになります。

正しい姿勢で歌う

歌やカラオケが上手くなる歌い方は、正しい姿勢で歌うことです。

野球や水泳など、どのスポーツにも必ず基本となるフォーム(姿勢)があります。

野球で例えるなら、ボールを投げる時は下半身をねじるように利き手と反対の腕で勢いをつけながら動かし、利き手の手首のスナップや指先の握り方に注意することで良い球を投げることができます。

フォームが悪いとバランス良く身体を使えない為、ボールを上手く投げることが出来ません。

歌も身体を使うのでスポーツの一種として捉えることができ、正しい姿勢で歌うことが重要だと言えます。正しい姿勢で歌えるようになると、必要最低限の力で歌えます。

息を吐き出す際、声帯を閉じて「声」に変換していきます。息が不安定になれば「声=歌」も不安定になります。

正しい姿勢を保つことにより、息の安定感を作ることができ、歌が歌いやすくなります。正しい姿勢のコツは、腰から頭まで一直線にあることです。

喉や首、空気が通る気管。空気を取り込む肺や横隔膜。声を出すために多くの身体の部位が関わっています。

正しい姿勢は、水を通すホースによく例えられます。このホースがねじ曲がって、途中で潰れていたら水が通りにくくなってしまいます。

水が通りやすくするためには、ホースがまっすぐになっている必要があります。人の身体も同じで、悪い姿勢では息が不安定になり歌にも影響します。

したがって、正しい姿勢とは腰から頭までが一直線上になっていることが重要となります。

自分の音域に合ったキーの曲を選ぶ

歌やカラオケが上手くなるコツは、自分の音域に合った曲を選ぶことです。

なぜなら、自分の音域に合わない声は、練習をしないと出すことができないからです。

仮に歌えたとしても、声を張り上げて出すことになります。

張り上げると声が裏返ったり、音程が合わなかったりします。

最悪の場合、喉が枯れて声が上手く出せなくなる可能性もあります。

自分の音域に合わない曲ばかりを歌っていると、喉にかなりの負担をかけることになるんです。

なので、このやり方は避け、自分が楽に出せる音域で歌うことが大切になります。

また、練習をしていけば出なかった高音や低音が出せるようになるので、まずは、自分の音域に合った曲を見つけてください。

自分の音域を調べるには、ピアノへピアノアプリを使います。

低い音から高い音まで声を出していき、どこからどこまでの音が出るのかをメモします。

そこから、その音の範囲内で歌える曲を見つけるといった感じです。

これにより、自分の音域に合った曲を選ぶことができるようになります。

正しいマイクの持ち方で歌う

歌やカラオケが上手くなるコツは、正しいマイクの持ち方で歌うことです。

カラオケのマイクは、ダイナミックマイクと言い、マイクヘッドの真上部分一点のみから声を拾います。

このことから、正しいマイクの持ち方で歌わないと声を拾うことができず、上手く聞こえない原因になります。

正しいマイクの持ち方は、マイクヘッドと尻尾部分の真ん中を持ちます。マイクの角度は床と平行にします。

正しくマイクを持つことで、しっかり声を届けることができます。

歌の曲の音程をしっかり覚える

歌やカラオケが上手くなるコツは、歌う曲の音程をしっかり覚えることです。

なぜなら、いくら音を合わせる練習をしても、歌う曲の音程を知らなければ合わせるのは難しいからです。

歌う曲をきちんと知っていれば、しっかりと音程を合わせることができるようになります。

歌を知るには、歌う曲をしっかり聞くことです。

1曲を全部流すのではなく、曲をいくつかのパートに分けて聞くことが大切です。

「1曲を全部流した方が効率が良いんじゃない?」と感じる方もいるかも知れません。

僕がそうでした。

ですが、1曲流すと約5分くらいかかります。

10回聞くと50分、20回聞くと100分という計算になります。かなり時間がかかってしまいます。

また、曲が一気に流れてくるので覚えるのが大変です。これが、歌を「なんとなくこんな感じ」で覚えてしまう原因になります。なので、音程が合うわけないです。

対して、1曲を全部流すのではなく、曲をいくつかのパートに分けて聞くとどうなるでしょうか?

例えば、「Aメロ、Bメロ、サビ」に曲を分けます。Aメロだけだと約1分、または数十秒で済みます。

また、Aメロを短時間で繰り返し聞くことができるので、覚えやすくなります。

Aメロを覚えるまで繰り返し聞き、覚えたらBメロを繰り返し聞く、Bメロを覚えたらサビを繰り返し聞く、という感じです。

Aメロを半分に、1フレーズにするとさらに良いです。こちらの方が、1曲を全部流すよりも圧倒的に覚えやすいです。

こうすることにより、曲をしっかりと聞くことができ、歌の音程を覚えることができます。

歌う前にウォーミングアップをする

歌やカラオケが上手くなるコツは、歌う前にウォーミングアップをすることです。

ウォーミングアップとは、準備運動のことです。100メートル走を準備運動せずに走ると、怪我の原因や身体がほぐれていないので、上手く走れませんよね?

歌も身体を使うので歌う前にしっかりウォーミングアップをします。ウォーミングアップすることで、最大限に歌を歌うことができます。

ウォーミングアップは3つあります。

歌う前のウォーミングアップ1つ目は、リップロールをします。

リップロールとは、唇を震わせながら発声するボイストレーニングのことです。

リップロールをすることで、声帯全体が温まり、表情筋や首周りの筋肉をほぐすことができます。

声帯全体が暖まってないと喉を痛める原因になります。

また、表情筋や首周りの筋肉が固いと声が上手く響かなかったり、音程が合わない原因になります。

それでは、リップロールのやり方について、説明していきます。

1.リラックスして口を閉じる

2.唇を少し突き出す

3.鼻で息を吸う

4.息を5~10秒間均一に吐いて、唇をブルブルさせる

コツは、唇に力を入れず、両手で唇を引っ張るように口角を持ち上げとリップロールしやすくなります。

また、唇が湿っていた方がやりやすいので、リップクリームなど使うといいです。

これができたら、ハミングで低い声を出しながら唇をブルブルしてください。

感覚が掴めるようになったら、ドレミの音程を付ける練習をしていき、いずれは好きな曲の音程を取ってください。

個人差があるので、いい感じに暖まってきたら次のステップにいきます。

歌う前のウォーミングアップ2つ目は、タングトリルをします。

タングトリルとは、「タング(舌)をトリル(巻く)」という意味で、巻き舌のことをいいます。

タングトリルをすることで、舌の筋肉をリラックスさせることができ、筋肉が硬くなるのを防ぐ効果があります。

舌の筋肉が硬いと滑舌が悪くなったり、舌が上に上がったりしてしまうので声がこもってしまいます。

それでは、タングトリルのやり方について説明していきます。

1.口を少し開ける

2.上の歯の根元に舌先を当てます

3.舌をリラックスさせる

4.「ドゥルルル」や「ダララララ」と発音する感じで息を吐いて、舌を震わせる

5.震わせながら声を出してみる

コツは、息の量を一定にすることです。

息の量を一定にすることで、安定して舌を震わせることが出来ます。

これができたら最後のステップです。

ウォーミングアップ3つ目は、音程の低い曲から歌うことです。

先程、リップロールとタングトリルを紹介しました。

この2つを「歌を歌う前にやる意識を持つ」といいます。

時間が経つと身体は元に戻してしまうので、歌が始まる前に取り入れるようにしてください。

時間をかけずにできるウォーミングアップなので、取り入れやすいと思います。

ここからは実際に歌を歌っていきます。ですが、いきなり高い音の曲は歌いません。

なぜなら、上手く歌えないからです。歌を歌ったりカラオケをして、1時間くらい経つと声が出しやすくなりますよね?

これは、声帯全体の筋肉がほぐされて暖まり、声が出しやすくなっているからです。

例えば、100メートル走を準備運動してから、いきなり全速力で走ることはないですよね?

必ず準備運動をしてから軽く走ります。こうすることで身体を慣れさせるんですね。これは歌も同じです。

最初から高音が続く曲を歌うと、喉に負担をかけ『なんで声が出ないんだろう?』『うまく歌えない』など、悩む人は多いと思います。なので、「最初は軽く走る=低い曲から歌う」ことが大切になります。

これは、自分が楽に歌える曲を選んでください。

個人差があるので、1回歌えば声が出るようになる人もいれば、5回歌わないと声が出ない人もいます。

体調の良し悪しも関係してくるので、自分がどのくらい歌えば声が出るのかを見つけてください。

歌う前にウォーミングアップをすることで、本来持っている力を最大限に引き出すことができるようになります。

自分の歌声を録音して聴く

歌やカラオケが上手くなるコツは、自分の歌声を録音して聴くことです。

なぜなら、自分が聞いている声と相手が聴いている声は違うからです。

普段、自分が聞いている声は「身体を伝わってから、最後に耳に届いて聞こえる」ようになっています。

他人が聞いている自分の声は「そのまま耳に届いて聞こえる」ようになっています。

「動画などで自分の声を聞くと、なんか違和感があるな・・・」と思ったことはありませんか?

それが、この聞こえ方が違うということです。よって、自分の声を知ることは歌唱力アップに繋がると考えます。

自分の声を知るには、声を録音し聞くことが有効です。録音はスマートフォンで大丈夫です。

まず、「カラオケで歌っているとき」「ハミングで練習しているとき」「楽器を弾きながら練習しているとき」など、録音できるときは自分の声を撮るクセをつけてください。

声を撮るクセをつけることで、自分の声の特徴を知ることができます。「前よりも綺麗に高い声が出るようになった」「今日は体調がすぐれないから、あまり声が出ていない」「練習をしてるけど、声がこもって聞こえる」など、弱点や成果が分かるようになります。

これにより、声を録音するクセをつけることで、自分の声を知ることができ歌が上手くなっていきます。

まとめ

いかがでしょうか?

まとめると

・声の出し方を知る

・歌やカラオケの歌い方を知る

参考になれば嬉しいです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

モンキーにべ

関連ページ

関連記事