カラオケのキーの合わせ方、わからない、合わない、原曲キーとは?

Pocket

カラオケは好きだけど、キーの合わせ方、原曲キーとは何か、キーがわからない、合わないと悩んでいる人は多いですよね。

この記事では、カラオケのキーとは、合わせ方について書いていこうと思います!

「期間限定」カラオケのキーの合わせ方を知って歌が上手くなる方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

カラオケのキーとは何か?

キーとは一人一人が持つ声が出る音域のことを指します。

例えば、高い声が出やすい人はキーが高く、低い声が出やすい人はキーが低いという言い方をします。

自分のキーに合った歌ほど上手に歌えます。

カラオケのキーの調整は「±6〜7」の範囲で行うことができます。「+1」で半音上がり、「−1」で半音下がります。

例えば「+4」にすると4音上がるので、「ド」の音が「ミ」(ド→ド#→レ→レ#→ミ)になります。

「期間限定」歌やカラオケが早く上達する方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

カラオケの原曲キー、標準キー

カラオケの曲には「原曲キー」と「標準キー」という表記があります。

原曲キーとは、原曲と同じキーのことです。曲を歌っているアーティストの音域で作られていることになります。

標準キーとは、一般的に歌いやすいキーのことです。標準キーは、原因キーから「2音」下げているものが多数です。

つまり、原因キーで歌うには、その曲のキーを2つ上げる必要があります。

「期間限定」カラオケのキーを理解して歌が早く上達する方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

キーの合わせ方

歌ってみて少し高い、または少し低いと感じた場合は、±2〜3の範囲で調整するといいです。

±1(半音)だけでも調整すると歌いやすくなる場合があります。それでも自分のキーに合わないときは、さらに上下してみましょう。

男性が女性の曲を歌うときは標準キーから「+4」にして、そのオクターブ下(12音下)で歌う方法もあります。この場合、結果として+4−12で−8のキーになります。

これは、キーを調整せずにそのままオクターブ下で歌うと、低すぎる場合があるからです。また、キーを下げ過ぎると曲全体が暗く重い雰囲気になってしまいます。

そのため、あえてキーを「±4」にしてからオクターブ下の音で歌うことで、より自然な雰囲気で歌えるようにするのです。

女性が男性の曲を歌うときは、キーを下げてオクターブ上で歌うことも有効です。一般的に男性と女性では、平均音域に「±6〜7」(ピアノの鍵盤6〜7個分)の差があると言われているため、上記のようにキーを調整して異性の歌を歌いやすくします。

「期間限定」カラオケのキーを合わせて歌が上手くなる方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

キーがわからない、合わないときは?

どうしてもキーが合わないという曲は、原曲キーで歌う練習をするといいです。

キーを変えると、曲の雰囲気やメロディーが変わってしまいます。

上手く音が取れないときは、原曲キーを練習する方が曲の雰囲気を掴みやすいです。

また、キーを変えた曲だけを練習する方法もあります。

キーを変えた曲を練習すれば、耳が慣れて音が取れるようになっていきます。

キーを上げ下げしすぎると、音が取れない原因になるので注意が必要です。

「期間限定」カラオケのキーを理解して歌が早く上達する方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

まとめ

いかがでしょうか?

まとめると

・キーとは一人一人が持つ声が出る音域のこと

・キーの合わせ方について理解する

最後まで読んでいただきありがとうございました!

モンキーにべ

「期間限定」歌やカラオケが上手くなる方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

関連ページ

関連記事