腹式発声のやり方、練習方法、コツ、できない人へ

Pocket

腹式発声のやり方や練習方法、コツがわからないという方は多いですよね。

腹式呼吸はできていても、腹式発声ができないと悩んでいる方も多いと思います。

この記事では、腹式発声のやり方、練習方法、コツ、できない、について書いていこうと思います!

 

腹式発声とは

腹式発声とは、腹式呼吸を使った発声法です。腹式呼吸とは、主に肺の下部を使って呼吸する方法です。

腹式呼吸をすると、肺の下(みぞおちの上辺り)にある横隔膜(おうかくまく)が下がります。横隔膜は肺と胃の間にあります。

息を吸うと横隔膜が下がり、肺の下方に空気が入ってお腹が膨らみます。

このとき、肩や胸に力が入ってしまうと正しく腹式呼吸が出来ていません。肩や胸に力が入ってしまうことを胸式呼吸(きょうしきこきゅう)といいます。

胸式呼吸とは、主に肺の上部を使って呼吸することです。普段の生活では胸式呼吸を使っている人がほとんどです。

腹式呼吸が深く呼吸できることに対し、胸式呼吸は浅い呼吸になってしまいます。このような理由から、歌では腹式呼吸が必要となります。

腹式発声が出来るようになると、声に強弱をつけたり声を伸ばしたり縮めたりなど、歌を歌うのが楽になります。

これにより、歌では腹式発声を習得した方が良いと言えます。

腹式発声のやり方

まずは、腹式呼吸のやり方について説明します。

腹式呼吸のやり方は、

1.おへそ辺りに手を置く

2.鼻でゆっくり空気を吸い込みながら、おへそのあたりが膨らんでいるか確認する

3.時間をかけてゆっくり息を吐く

4.2.3を繰り返す

これにより、腹式呼吸が出来るようになります。

コツは、仰向けに寝たまま息を吸うと自然に腹式呼吸になります。なので、感覚がわからない場合は寝たまま練習するといいです。

続いて腹式発声のやり方について説明します。腹式発声は息を吸ってお腹が張ったら、そのまま息を吐く要領で「あー」と長く声を出します。

このとき、息を吐いているときはお腹ができるだけへこまないように頑張って張り返します。それには横隔膜を使います。

横隔膜が使えているときはおへその下(指2〜3本分下)、いわゆる「丹田(たんでん)」と呼ばれる場所が固くなり、手で押すと張り返してきます。

この場所が固くなっていればしっかりとお腹から声が出せている証拠です。息を吸う量は、苦しくなるまで吸うのではなく、7割から8割くらいを目安にすると維持しやすくなります。

腹式発声の練習方法、コツ

ここからは腹式発声の練習方法、コツについて説明します。

1.息を吸ってお腹を膨らます(7割から8割の空気量)

2.そのまま「あー」と長く声を出してみる(このときもお腹をへこませない)

3.声を出しながら全ての息を吐き切る(このときもできるだけお腹をへこませない)

コツは、身体をリラックスさせ、お腹をへこませない意識を持つことです。無理に力を入れて意識するのではなく、歌を補助する感覚で練習するといいです。

注意点として、息を吸いすぎると息を吐き切れずに空気が余って溜まっていきます。そうなると、だんだん胸や肩に力が入り、浅い呼吸の胸式呼吸になって苦しくなります。

歌っているときに苦しいと感じたら、呼吸のバランスを調整してください。これにより、腹式発声が出来るようになります。

腹式発声ができない人へ

上記を参考にしても腹式発声ができない人は、声を響かせる練習をした方がいいです。声を響かせるとは、喉声ではない声のことです。

声を響かせることは歌の土台部分になります。この土台がしっかりしていないと、腹式発声をしても効果を実感できません。

土台がしっかりしていれば、声がさらに強く響く感覚がわかります。

声の響かせ方は下記の記事で紹介していますので、参考になさってください。

歌声が響かない歌い方とは?響かせ方について

 

まとめ

いかがでしょうか?

まとめると

・腹式発声は腹式呼吸を使った発声法

・腹式発声を練習する

・腹式発声ができない場合は声の響かせ方から練習する

応援しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

モンキーにべ

関連ページ

関連記事