ハミングの効果とは?上手くなる歌い方、やり方、練習方法、コツについて

Pocket

ハミングの効果とは何か、上手くなる歌い方、やり方、練習方法、コツに悩んでいる方は多いですよね。

ハミングの感覚や効果を実感出来ない方も多いと思います。

この記事では、ハミングについて書いていこうと思います。

 

ハミングとは

ハミングとは、口を閉じて鼻を通じて歌うことです。

鼻歌とも呼ばれます。

歌を歌う際に、最も重要な練習方法になります。

ハミングで得られる効果

ハミングで得られる効果は4つあります。

・音程が取りやすくなる

・高い声が出しやすくなる

・声の通りが良くなる

・喉が枯れにくくなる

の4つです。

それぞれ解説します。

音程が取りやすくなる

ハミングすると、音程が取りやすくなります。

なぜなら、ハミングをするとことで、負担をかけずに音程を調整する筋肉を鍛えることが出来るからです。

音程を調整する筋肉は発生をしないと育ちませんが、ハミングすることで声を出さずにその筋肉を動かすことが出来ます。

したがって、ハミングをすることで音程を調整する筋肉が育ち、音程が取りやすくなります。

高い声が出しやすくなる

ハミングをすることで高い声が出しやすくなります。理由は、喉を使った歌い方にならないからです。

そもそも、喉は高い声を出すために作られているのではなく、会話する為に作られています。

喉声は会話をするときに使うことがほとんどです。会話する時は基本、喉で声を出していると思います。

このとき、無理に高い声で会話する人はほとんど居ないと思います。ただ、歌は違いますよね?

気持ちの良い音程に合わせて、歌を歌って表現します。ここでは、高い声が必要になってきます。

高い声を出すコツは喉ではなく、鼻周辺を上手く使うことです。

このように、ハミングすることで鼻周辺を使う感覚が掴みやすく、高い声が出やすくなる効果があります。

声の通りが良くなる

ハミングをすることで、声が良く通るようになります。理由は、声が響くようになるからです。

例えば、お風呂で声を出すと響いて聞こえますよね?

ハミングを使って声を出すと、お風呂で歌うような響きを生み出すことが出来るようになります。

したがって、ハミングをすることで声の通りを良くすることが出来ます。

喉が枯れにくくなる

ハミングをすることで、喉が枯れにくくなります。

なぜなら、鼻周辺を使って声を響かせるんで喉に負担がないからです。

喉で歌うとガラガラしてしまう、という経験はありませんか?

喉を使って大きな声を出そうとすると、喉に負担をかけてしまいます。

したがって、ハミングで声を響かせる意識を持つことで、喉が枯れるのを防ぐことが出来ます。

ハミングのやり方

それでは、ハミングのやり方について説明していきます。

基本的に鼻歌を歌う感じだと思って下さい。

1.まずは、口を閉じる

2.喉に力を入れず、鼻から息を吸う

3.鼻を通して「んー」と声を出す

4.鼻の頭を触り、響いているか確認

これにより、ハミングが出来るようになります。

ハミングのコツ

ハミングのコツは3つあります。

・鼻筋や鼻の穴の奥に振動を感じる

・喉に力を入れずリラックスする

・息の量を確認する

の3つです。

それぞれ解説します。

鼻筋や鼻の穴の奥に振動を感じる

ハミングのコツは、鼻筋や鼻の穴の奥に振動を感じることです。

なぜなら、ハミングをすると声が響くようになるからです。

振動を感じられない場合は、上手くハミングが出来ています。

ハミングをして鼻筋や鼻の穴の奥にビリビリと振動を感じられれば、正しいハミングが出来ます。

喉に力を入れずリラックスする

ハミングのコツは、喉に力を入れずリラックスすることです。なぜなら、ハミングに力は必要ないからです。

喉に力が入っている状態だと、ちゃんとしたハミングにはなりません。

これだと喉声になるので逆効果になってしまいます。

なので、リラックスした状態で鼻を通すようにハミングしてください。

鼻息の量を調節する

鼻息の量を調節することもハミングのコツになります。

ハミングをしている時に、鼻の下辺りに手を当てて、鼻息の漏れを確認してみてください。

この量が少なければ少ないほど、共鳴したハミングになります。

口の奥や鼻に振動を感じれば、正しいハミングが出来ているということになります。

ハミングの練習方法

ハミングの練習方法は3つあります。

・なにぬねのを使って発声する

・音程に合わせてハミングする

・曲に合わせてハミングする

の3つです。

それぞれ解説します。

なにぬねのを使ってハミングする

ハミングの練習は「なにぬねの」を使います。なぜなら、な行は鼻周辺で発音する言葉だからです。

練習方法は、「なー」とハミングを意識して発声します。順に「にー」「ぬー」「ねー」「のー」と発声してください。

なにぬねのを使うことで。ハミングの感覚が掴みやすくなり、さらに強いハミングが出来るようになります。

これにより、なにぬねのを使うことでハミングの練習をすることが出来ます。

音程に合わせてハミングする

音程に合わせてハミングする練習もあります。

音程はピアノやピアノアプリで合わせるといいです。なぜなら、ピアノは音が正確だからです。

練習方法は、ピアノの「ドレミファソラシド」とハミングの音を合わせます。

音を合わせるときも上記で説明した「なにぬねの」の言葉を使ってください。

これにより、ハミングで正確な音を出す練習が出来るようになります。

曲に合わせてハミングする

曲に合わせてハミングをする練習も効果的です。

なぜなら、様々な音程の高低差をハミングで合わせることが出来るからです。

曲に合わせてハミングすることで、その曲の音程が取りやすくなります。

練習方法は、自分の好きな曲を聴きながらハミングで歌います。

これを繰り返すことで曲の音程が身体に定着し、上手く歌うことが出来るようになります。

まとめ

いかがでしょうか?

まとめると

・ハミングとは口を閉じて鼻を通じて歌うこと

・ハミングの効果、やり方、コツを知る

・ハミングの練習を実戦する

ぜひ、ご活用してください!

応援しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

モンキーにべ

関連ページ

関連記事