歌のフェイクの意味とは?コツや練習、やり方、上手い人の特徴について

Pocket

歌のフェイクとは何か、やり方や練習のコツを知りたい方は多いと思います。

カラオケで歌ったときに、フェイクが出来るとカッコいいですよね。フェイクが出来れば、歌がもっと楽しくなると思っている人も多いと思います。

そこで今回は、歌のフェイクとは、フェイクのやり方、フェイクの練習やコツについて書いていこうと思います!

『期間限定』フェイクをマスターして歌が上達する方法をすべて解説した全15話・9時間1分の無料動画レッスンを受け取る

歌のフェイクの意味とは

フェイクとは、本来の曲とは違う音程・リズムで自由に歌うことをいいます。メロディにさらに音を付けたし、上がったり下がったりする節を付ける歌唱テクニックです。

演歌でよく使われる「こぶし」と基本的に同じです。

フェイクが上手い人でよく挙げられるのは、ホイットニーヒューストンの

「I WILL Always Love You」

基本は原曲に沿って歌いますが、フェイクは原曲を崩して歌います。感情の高まりを表現するために、楽譜的な決まりを取っ払うイメージです。個性的な味を加える高等テクニックになります。

『期間限定』フェイクを習得して歌の上達が早くなる方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

フェイクのやり方

フェイクのやり方は、正確な音程移動をすることです。音をズリ上げたりするのではなく、瞬時に切り替えることです。

音程をズリ上げてしまうと、音が波状になり、ビブラートのようになってしまいます。

よって、正確な音程移動をすることで、上手いフェイクを入れることが出来ます。

『期間限定』フェイクのやり方を理解して歌の上達が早くなる方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

フェイクの練習方法、コツ

フェイクの練習方法は、音程を移動する練習をすることです。これは、ピアノを使って練習します。

鳴らした音と同じ音で声を出し、次に鳴らす音をズリ上げたりズリ下げたりすることなく鳴らし声を出していきます。このとき、音を瞬時に切り替えて出すことを意識します。最初はゆっくり練習し、慣れてきたら少しずつ速くしていくといいです。

フェイクが上手くなるコツは、いろいろな人の歌を聴くことです。繰り返し聴くことでフェイクのイメージが固まっていきます。

こうすることで、フェイクのパターンを知ることが出来ます。自分の中でパターンを持っておけば、使いたい時に入れることが出来るようになっていきます。

『期間限定』フェイクのコツを掴んで歌が早く上達する方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

まとめ

いかがでしょうか?

まとめると

・フェイクとは、音程やリズムを崩して歌う高等テクニック

・たくさんのフェイクを練習、聴くこと

応援しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

モンキーにべ

『期間限定』フェイクをマスターして歌が早く上達する方法をすべて解説した全15話・9時間18分の無料動画レッスンを受け取る

関連ページ

関連記事