ファルセットの出し方とは?裏声とファルセットの違い、練習のコツについて

Pocket

ファルセットの出し方とは何か、練習のコツについて悩んでいる方は多いと思います。

裏声とファルセットの違いが分からない方も多いですよね。

この記事では、ファルセットの出し方について書いていこうと思います!

 

ファルセットと裏声の違い

ファルセットは裏声の一種で、息漏れさせた柔らかい声のことです。

裏声は他にも「ヘッドボイス」や「ミドルボイス」があります。

ファルセットがきちんと出せないと、ヘッドボイスやミドルボイスは出せません。

ファルセットは裏声の基礎と言われています。

ファルセットの出し方

ファルセットの出し方は、喉を絞らずに歌うことです。

喉を絞ってしまうと声がざらついてしまい、綺麗なファルセットが出ません。

他にも息を吐く量を増やしたり、リラックスしたりするなど意識することも大切です。

どうしても喉に力が入ってしまう場合は、鼻歌から声を出してください。

鼻歌をすることで力を抜いて声を出す練習が出来ます。柔らかいファルセットを目指して下さい。

ファルセットを出すコツ

ファルセットの出し方のコツについて説明していきます。全部で5つあります。

・裏声を繰り返し聴く

・声帯が開きやすい言葉で発声する

・小さな声で発声練習する

・頭の先から声が出るイメージ

・地声と裏声を交互に出す

の5つです。

それぞれ解説します。

裏声を繰り返し聴く

ファルセットを出すコツに、裏声を繰り返し聴くことが挙げられます。

裏声を繰り返し聴くとは、上手く裏声を出している歌手を聴いたり観たりすることです。

理論を勉強するよりも、実際に歌っている人を聴いたり観たりする方が上達が早くなることがあります。

裏声を多用する歌手のライブを聴きに行ったり、動画でライブ映像を観たりするといいです。

これにより、上手く裏声を出せている歌手から技術を学べ、ファルセットを出せるようになります。

声帯が開きやすい言葉で発声する

声帯が開きやすい言葉で発生することも、ファルセットを出すコツになります。

声帯が開きやすい言葉は「ハヒフヘホ」になります。

特に「フとホ」は声帯が開きやすい言葉なので、「フー」や「ホー」で発声練習をするといいです。

これにより、ファルセットが出しやすくなります。

小さな声で発声練習する

小さな声で発声練習することも、ファルセットを出すこつコツになります。

なぜなら、声帯の閉鎖を弱めると声は小さくなるからです。

意図的に声を小さくすることで、声帯の閉鎖を弱めることが出来ます。

声帯の閉鎖を弱めることで、ファルセットが出しやすくなります。

頭の先から声が出るイメージ

上記を試しても感覚がわからない方は、頭の先から声が出るイメージを持ってください。

声を出すときはなるべく地声ではなく、自然に裏声に切り替わります。

この感覚が掴めたら、音を徐々に低くして裏声を出してください。

地声と裏声を交互に出す

地声と裏声を交互に出す練習をすることで、実際に歌いながらファルセットを出せます。

地声と裏声を交互に出すことで、地声と裏声の声帯の開き具合の違いを確かめることが出来ます。

これを繰り返すことで、声帯を器用に開いたり閉じたり出来るようになるので、曲をの中で綺麗になファルセットを出す感覚が分かるようになります。

練習では、地声で出せる低い音と1オクターブ上の裏声を使い分けながら発声します。慣れてきたら半音ずつ上げていきます。

これにより、地声と裏声の違いが分かるようになります。

まとめ

いかがでしょうか?

まとめると

・ファルセットとは、裏声の一種で、息漏れさせた柔らかい声のこと

・ファルセットの出し方、コツを知る

ぜひ、参考にして下さい!

応援しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

モンキーにべ

関連ページ

関連記事