エッジボイスの出し方、効果とは?高音を出すトレーニング、歌い方

Pocket

エッジボイスの出し方や効果、高音を出すトレーニングを知りたい人は多いと思います。

エッジボイスをすると、音程の安定や高音に張りを出すことが出来ます。

この記事ではエッジボイスとは、出し方、効果、高音を出すトレーニングについて書いていこうと思います!

 

エッジボイスとは

エッジボイスとは、声帯を閉じて発声した時に出る、ガラガラとしたような声を出す練習方法です。

別名でボーカルフライとも呼ばれます。

エッジボイスはよくホラー映画、呪怨怨の登場人物が出している声と言われています。ボーカルフライの練習は、「声帯閉鎖」の感覚をつかむ練習方法になります。

声帯とは、喉の奥の左右についている2枚のひだのことです。

声帯の間を空気が通り抜ける時に、2枚のひだが振動して「声」になります。

声帯は呼吸時には開き、発生時には閉じています。声帯閉鎖とは、声帯が閉じている状態をいいます。声帯の閉じ具合は、主に5段階に分かれます。

・息が通らないほど、声帯がしっかり閉まっている状態

・詰まった声が出る、声帯がかなり閉まっている状態

・声を出すために最低限の力で声帯が閉まっている状態

・少し息が漏れている、声帯が少し開いている状態

・声が出ず息が漏れる、声帯が完全に開いている状態

この中の「最低限の力で声帯が閉まっている状態」が声帯閉鎖の感覚をつかむのに適しています。声帯閉鎖ができるようになるための良いトレーニング方法が「エッジボイス」です。

エッジボイスの効果

エッジボイスの効果は3つあります。

・芯のある声を出せるようになる

・声量が大きくなる

・高音に張りが出るようになる

の3つです。

それぞれ解説します。

芯のある声を出せるようになる

エッジボイスが出来るようになると、芯のある声を出せるようになります。

なぜなら、声帯を強く閉めながら発声出来るからです。

芯がない弱々しい声や通らない声は、声帯の閉まり具合が弱い傾向にあります。

したがって、最低限の力で声帯閉鎖をすると、芯のある声が出せるようになります。

声量が大きくなる

エッジボイスが出来るようになると、声量が大きくなります。

理由は、声を出している時に最低限の力で声帯が閉まり、息漏れをしないからです。

息漏れは息を使っている割に、声量が出ない原因になります。

したがって、エッジボイスの感覚をつかみ声帯閉鎖が出来るようになると、声量が大きくなります。

高音に張りが出るようになる

エッジボイスが出来るようになると、高音に張りを出せるようになります。

理由は高音になっても声帯が閉まり、息漏れしないからです。

高音が小さくなってしまうのは、声帯閉鎖の状態になっていないことが原因です。

したがって、エッジボイスの感覚を掴み、声帯閉鎖が出来るようになると高音に張りを出せます。

エッジボイスの出し方

それでは、エッジボイスの出し方について説明していきます。

1,力を抜いてリラックスする

2,出しやすい声の高さで「あー」と声を出す

3,そのまま自分が出せる一番低い音まで下げる

4,一番低い音まで下げると、最後は声にならなくなり、ガラガラとした音が出ます。

これにより、エッジボイスが出来るようになります。

エッジボイスの練習、トレーニング

エッジボイスが出せるようになってきたら応用練習をしていきます。

エッジボイスはそれだけで歌うというよりも、声質に深みを出したり、より高度な歌い方のための土台となる発声法です。

エッジボイスが出せるようになってきたら、地声に張りを出す練習します。エッジボイスから地声に移行する練習は、地声に張り出すことが出来ます。

地声に戻るときは力を入れず、エッジボイスと同じ力を保つようにしてください。地声に戻るときは、地声に戻るときは、ざらつきのない綺麗な声を意識してください。

地声に張り出すことが出来たら、高音や裏声に張りを出す練習をしていきます。エッジボイスを出している状態から音程を上げていきます。

ハミングを意識することが大切です。ハミングとは鼻歌のことです。このままの練習だと、奇声みたいなキンキンとした細い声になってしまいがちです。

なので、楽に綺麗な高音を出すことを目指して練習してください。

まとめ

いかがでしょうか?

まとめると

・エッジボイスとは声帯を閉じて発声した時に出る、ガラガラとしたような声を出す練習方法

・エッジボイスの練習は声帯閉鎖の感覚をつかむ練習方法

・エッジボイスの効果、出し方を知る

最後まで読んでいただきありがとうございました!

モンキーにべ

関連ページ

関連記事