ビブラートの3つの出し方やコツ、練習のやり方

Pocket

歌のビブラートの出し方やコツ、練習のやり方について悩んでいる方は多いと思います。

この記事では、ビブラートについて書いていこうと思います。

 

ビブラートとは

ビブラートとは、歌の中で声を伸ばす箇所などで使われる声を揺らす歌唱法です。

ビブラートは「あ〜〜〜〜」と声を波打つように揺らします。

声の揺れ幅が一定で、速さ(間隔)も一定で、途切れないことが綺麗なビブラートの基本となります。

ビブラートを使う理由

ビブラートは歌唱技術のひとつであり、カラオケの加点ポイントにもなっています。ビブラートを使う理由は、音の表現の幅を広げるためです。

ビブラートをかける時は一般的に音を伸ばす必要があるときです。この音を伸ばしたり、強調させる時にただ音を伸ばすのもいいですが、その音を伸ばしながらも強弱を変えて音を震わせることでより音に響きが出ます。

こうすることで音に表情が出て、聴く人を魅了させる効果があります。

ビブラートの出し方

ビブラートには大きく分けて3つあります。

・口でかけるビブラート

・喉でかかるビブラート

・横隔膜でかけるビブラート

の3つです。

それぞれ解説していきます。

口でかけるビブラート

口でかけるビブラートは、口を軽く開けたり閉めたりしてビブラートをかける出し方です。

小刻みに顎、または口を上下させて声に揺らぎを作ります。

やり方は、声を出しながら口の形を「あっあっあっあっ」と動かす事で声が揺れると思います。

これが口でかけるビブラートになります。

喉でかけるビブラート

喉でかけるビブラートは、声で音程を変えるとビブラートになる出し方です。

試しに「あーあぁあぁあぁあぁあぁ」と息を切らずに言ってみてください。

これは声で「あ」と「ぁ」を言いかえようとしているのでビブラートになりやすい出し方です。

横隔膜でかけるビブラート

横隔膜(おうかくまく)とは、呼吸をする際に使われる筋肉の一つです。胸腔(きょうくう)と腹腔(ふくくう)の間に横隔膜はあります。

肺の真下にあると覚えておけばいいです。横隔膜を上下に揺らす事で声を揺らすビブラートです。

一番自然なビブラートで、速さや揺れ幅をコントロールしやすく安定感があります。

速い曲にも遅い曲にも対応できるので、理想的なビブラートです。

ビブラート練習方法

ビブラートには、3つの出し方があると先程解説しました。その中でも横隔膜によるビブラートが難しく、理想的なビブラートになります。

それでは、横隔膜でかけるビブラートの練習方法を解説していきます。横隔膜でかけるビブラートは、ドッグブレスをします。

ドッグブレスとは、犬が暑い時に走り回った後、舌を出して「ハァハァハァハァ」となっているときがドッグブレスです。

お腹に手を当てた状態でドッグブレスをしてみて下さい。この揺れを実感する事が大切です。

ドッグブレスを使った練習の手順は、

・ドッグブレスをする

・横隔膜の揺れを実感する

・「あーーー」と声を出しながらドッグブレスをする

・声が途切れないように意識する

これにより、ドックブレスが出来るようになります。

ポイントは横隔膜の揺れを実感しその感覚を掴む事です。

ドッグブレスでコツが掴めなかった場合は、

・おへその上辺りを手で押さえる

・「あーーー」と声を出す

・声を出しながら、押さえている手を上下に動かす

最初は人工的でも横隔膜が揺れる感覚を身につけて下さい。

この方法で感覚を掴めば、誰でもビブラートが出来るようになります。

ビブラートができない原因と解決方法

ビブラートができない原因は主に3つあります。

・力が入りすぎている

・腹式発声ができていない

・ロングトーンができていない

の3つです。

それぞれ解説します。

力が入りすぎている

身体に力が入っていると上手くビブラートできません。

まずは、リラックスした状態で発声してみてください。

リラックスした状態で発声できたら、そのままビブラートをかける意識をしてください。

喉や首に力が入りやすいので、確認しながら発声してください。

腹式発声ができていない

腹式発声ができてていないことも、上手くビブラートができていない原因となります。

腹式呼吸ができているかわからないときは、寝転んだ状態で呼吸をしてみてください。

寝ている時は自然と腹式呼吸になります。

呼吸に伴ってお腹が上下すれば腹式呼吸になっています。

腹式発声の方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

腹式発声のやり方、練習方法、コツ、できない人へ

ロングトーンができていない

上手くビブラートができない原因に、ロングトーンを安定させることが挙げられます。

ロングトーンが不安定な状態だとビブラートが安定しません。

結果、綺麗なビブラートにならないのです。

綺麗にビブラートをかけるにはまず、声を真っ直ぐ伸ばすロングトーンの練習をします。

ロングトーンの練習方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

歌のロングトーンが震える、できない、練習方法とは?やり方やコツ、トレーニング

まとめ

いかがでしょうか?

まとめると

・ビブラートとは、歌の中で声を伸ばす箇所などで使われる声を揺らす歌唱法

・ビブラートには種類がある

ぜひ、活用してください!

応援しています!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

モンキーにべ

関連ページ

関連記事