歌のアクセントとは?意味やアクセントの付け方、コツについて

Pocket

歌のアクセントとは何か、意味やアクセントの付け方、コツについて知りたい方は多いと思います。

アクセントを付けて歌えるようになると、魅力的な歌になります。

この記事では、歌のアクセントとは、意味やアクセントの付け方、コツについて書いていこうと思います!

「期間限定」歌のアクセントをマスターして歌が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間22分の無料動画レッスンを受け取る

アクセントとは

フレーズの中で、声の色や声の強弱を変えることを「アクセント」といいます。フレーズとは、メロディーの一区切りのことをいいます。メロディーは、いくつかの音が連続して鳴っている状態です。

「ド〜ミ〜」と2つの音が鳴っているだけでは、あまり音楽的には感じませんよね?

そこで「ドーミーソーミードー」と続けてみたらどうでしょうか。なんだか音楽的に聴こえてきますよね?

このように、メロディーが音楽的に聴こえるような一区切りをフレーズといいます。

「期間限定」歌のアクセントを理解して歌が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間22分の無料動画レッスンを受け取る

アクセントを付ける意味

アクセントを付ける意味は2つあります。

・歌詞がはっきり伝わる

・歌にリズムが生まれる

の2つです。

それぞれ解説していきます。

歌詞がはっきり伝わる

アクセントを付けることで、歌詞をはっきり伝えることが出来ます。

アクセントを付けないと、平坦な歌い方になってしまいます。平坦な歌い方というのは、棒読みに歌ってしまっている状態のことをいいます。

例えば、「私は、歌手になりたい。」とアクセントを付けずに歌ってしまうと言葉の意味が入ってきません。これを「私は、歌手になりたい!!」とアクセントを付けて歌うと、力強さが加わり、夢や希望が伝わってきます。

このように、アクセントを付けることによって、同じ言葉でも伝わり方が変わるんです。また、プロの歌手の曲をもう一度聴きたいと思うことがありますよね?

これは、自然とアクセントのある歌い方をしています。声に強弱があると「聴きたく」なるんです。このように、歌のアクセントを付けることで、歌詞をはっきりと伝えることができ、相手を感動させることが出来るようになります。

歌にリズムが生まれる

歌にアクセントを付けることで、リズムを生み出すことが出来ます。

「好きな歌手の曲を同じように歌っても、何か物足りなく聞こえる」という経験はありませんか?

これは、声にグルーヴがないからです。グルーヴとはリズムやテンポ、いわゆる「ノリ」(乗り)のことをいいます。

声の強弱によって、グルーヴ感のある歌い方が出来るようになります。このように、声にアクセントを付けることでリズムが生まれ、グルーヴ感を引き出すことが出来るようになります。

「期間限定」歌のアクセントの意味を理解して歌が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間22分の無料動画レッスンを受け取る

アクセントの付け方、コツ

アクセントの付け方は、主に2パターンあります。

・フレーズの頭にアクセントを付ける

・フレーズの最後にアクセントを付ける

の2種類です。

それぞれ解説します。

フレーズの頭にアクセントを付ける

例として、BUMP OF CHICKENの天体観測、サビ前半にアクセントを付けていきます。

赤字がアクセントを付ける位置です。

みえないものをみようとして

ぼうえんきょうをのぞきこんだ」

最初の言葉をはっきり強く歌うことで、アクセントを付けることが出来ます。

コツは、アクセントを付けるときに声を強くしすぎないことです。極端に意識してしまうと、不自然に聞こえてしまいます。なので加減しながら、はっきり歌うようにするといいです。

フレーズの最後の方にアクセントを付ける

例として、BUMP OF CHICKENの天体観測、サビの後半にアクセントを付けていきます。

赤字がアクセントを付ける位置です。

「せいじゃくを きりいて

いくつも こえがうまれたよ」

フレーズの最後の方をはっきり強く歌うことで、アクセントを付けることが出来ます。

先程のものをまとめるとこのようになります。

みえないものをみようとして

ぼうえんきょうをのぞきこんだ

せいじゃくを きりいて

いくつも こえがうまれたよ」

このようになります。

これにより、歌にアクセントを付けることが出来るようになります。

「期間限定」歌の上達が早くなる方法をすべて解説した全15話・4時間22分の無料動画レッスンを受け取る

まとめ

いかがでしょうか?

まとめると

・フレーズの中で、声の色や声の強弱を変えることをアクセントという

・アクセントを付けると歌詞がはっきりと伝わり、リズムが生まれる

・アクセントはフレーズの頭と最後の方に付けるといい

最後まで読んでいただきありがとうございました!

モンキーにべ

「期間限定」歌のアクセントをマスターして歌が上達する方法をすべて解説した全15話・4時間22分の無料動画レッスンを受け取る

関連ページ

関連記事